webサービス

地震?と思ったらいつも確認しているサイト「強震モニタ」

昨日、iPhoneで緊急地震速報を受信しました。奈良県でM7.8、最大震度7という内容でした。

このような時に、本当に揺れているのか?を確認するサイトとして利用している「強震モニタ」を紹介しようと思います。

2秒毎に更新されるので、リアルタイムで確認するサイトとしては、大変有用だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地震が起きた?と思ったらいつも確認しているサイト「強振モニタ」

昨日、iPhoneで受信した緊急地震速報のスクリーンショットを思わず撮影してしまいました。


▲iPhoneの緊急地震速報と、iPhoneアプリの「ゆれくる」の通知の様子です。震度7は体に悪かったです。

今回の地震は、iPhoneの通知で気づきました。

そして「本当なのか?」と思い、強振モニタを開いて揺れているかを確認しました。(アクセス出来なくて結局わかりませんでしたが。)

揺れているかを確認するなら、「直接地表の揺れを確認すればいいじゃないか!」ということで、強振モニタがわかりやすいということです。

強振モニタの特徴は何と言ってもリアルタイム更新です。約2秒ごとに更新されるので、揺れの伝わり具合が丸わかりです。

地震が起こっている時にこれを確認すれば、非常に落ち着けることでしょう。僕は、3.11の余震がしばらく続いていた時には、よく起動した覚えがあります。


▲こちらが強振モニタの画面です。色でその地域が揺れているか一目でわかります。

黄色からだいたい有感地震です。緑色以下だと揺れを感じません。

ただし、今回の地震でも僕はこちらのサイトを起動しようと思いましたが、開けませんでした。

恐らく、多くの人が強振モニタにアクセスしていてサーバーがダウンしているのかもしれません。「じゃあ意味ないじゃん」と思われるかもしれません。

しかし、こういったサイトがあるということを知っておくだけでも、いざという時には安心できるかもしれません。

参考:防災科学技術研究所 強震観測網(K-NET,KiK-net)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. roge-generator

    webサービス

    ロゲ会長ジェネレータでTokyoの文字を変えて作成した画像7枚

    2020年のオリンピックが東京に決まりました。決定の瞬間にTokyoの…

  2. Pocket

    webサービス

    PocketのPublisher機能を使用すると、ブログのPocket利用状況がわかる!

    先日、当ブログでは、後で読むためのPocketのボタンを設置しました。…

  3. 1password

    webサービス

    1PasswordのChrome拡張機能が使えない!→Chromeの更新で解決

    Google Chrome上で、いつものように1Passwordの拡張…

  4. webサービス

    Amazon Student会員限定の大学対抗キャンペーン上位5大学が発表!

    当ブログでも記事にしていました、Amazon Student会員限定の…

  5. webサービス

    アクセス解析のChartbeatはリアルタイムの解析に特化している!

    今までブログのアクセス解析にはGoogle Analyticsを利用し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iTunesカード

    iTunes Card

    【~3/24】iTunes Card2枚目半額キャンペーンがヨドバシカメラ、ビッ…
  2. iPhoneアプリ

    iPhoneアプリ「netprint」と「netprint 写真かんたんプリント…
  3. ブログ用アプリ

    するぷろのImage Paste Plusでコメントなしの画像の場合に接頭語&#…
  4. iPhone

    SoftbankのMMS・SMSに届く迷惑メールを受信拒否する方法
  5. Macアプリ

    MacのTwitterアプリ「夜フクロウ」でも改行を入れてツイートする方法
PAGE TOP