通知センターに3段階のiPhoneの明るさボタンを設置した!

外出先と室内では、適切なiPhoneの輝度は異なります。

晴れている屋外では最大限に明るくし、室内では控えめにし、夜間では最小の明るさにしています。

一々明るさを変えているわけですが、それがちょっぴり楽になるアプリ「明るさ調節」を試してみました。

特徴は、通知センターから明るさを調節出来るというものです。便利なので、使い方を紹介してみます。

スポンサーリンク

「明るさ調節」アプリの使い方


▲図のiボタンから通知センターに輝度ボタンを設置できます。


▲「現在の輝度を登録」をタップすると、現在の輝度が登録されます。


▲僕は通知センターに3種類の輝度を設定しました。例えば、明るさ:100をタップすると、


▲「明るさ調節」が起動し、自動で輝度が100になります。

僕は、

  • 明るさ:0→暗闇用
  • 明るさ:40→通常用
  • 明るさ:100→屋外用

のように3つセットしました。

一度スリープしたら明るさは戻る

一度スリープしたら、明るさは元に戻ります。

ここでの「戻る」とは、設定している明るさに戻るということです。


▲設定している明るさです。

これは、iOSの仕様のようです。

ちょっとした時に使えれば良い

この明るさ調節が役に立つのは、少しの時間です。

暗闇の中で使うことは少ないですし、屋外で使うことも少ないです。

そうした時に、パパッと手軽に輝度を変更できるというのが「明るさ調節」のウリです。

通知センターに配置するためのアプリもいりません。「明るさ調節」のみがあれば出来ます。

外出した時に場所によって適切な輝度が違うので、自分にとって最適な輝度を2から3個登録しておくといいでしょう。

明るさ調節 -高性能な液晶輝度調整ツール&ウィジェット-
価格: 無料
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント