Macの充電器コードを収納する突起が”フライングゲット”にしか見えない件

実は、Macの充電器のコードを綺麗に収納するための突起があります。この突起が、芸人のキンタロー。の持ちネタである”フライングゲット”に似ています。個人的に勝手なブームを巻き起こしていたので、記事にしてみました。

なお、Macの充電器に突起があることを知らなかった人にとっては、有用な記事となれば幸いです。(この記事には続きがあります。)

Macの充電器
▲Macの充電器を入れる時にはこんな感じで使っていました。

Macの充電器
▲しかしよく見てみると、ここに隠れた突起が隠れています。

Macの充電器
▲反対側にもあります。気づいていたでしょうか。これを開いてみると、

Macの充電器
▲こんな感じで開きます。

そして、反対側の突起も開いてみると・・・

Macの充電器
▲フライングゲット。。。「キンタロー。」の持ちネタ「フライングゲット」にしか見えなくなってきました。。。

と冗談はこの辺にしておき、実際にこの突起にグルグルとコードを巻いてみると、以下のようにコンパクトに収納できます。

Macの充電器をぐるぐる巻いた
▲うーん綺麗にまとまっとる。

Macの充電器のコードを綺麗にまとめた
▲コード先端のコード止めがあるおかげで、充電部分もフラフラしません。これは覚えておくと役立つかもしれません。

スポンサーリンク

番外編

Macの充電器は、コンセント部分を取り外せます。

Macの充電器
▲図の方向に少し引っ張ると・・・

Macの充電器
▲なんとぽろっと分解出来ます。一体何のために分解できるようになっているんでしょうね。

まとめ

Macを1年以上使ってきましたが、Macの充電器にコードを巻き付けるための突起があると知ったのは最近の事です。

これを知っておくと、コンセントを持ち運ぶときに”スマート”に持ち運べるようになっちゃいます。

Mac
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. 匿名 より:

    >一体何のために分解できるようになっているんでしょうね。
    何のためにって…付属の延長ケーブルをつなげるときに外すんですよ。