オンラインメモ帳「wri.pe」の良い所。軽い・Textwell連携・notes/archiveフォルダ。

日常的にオンラインメモとして利用しているサービスとして、「wri.pe」というサービスがあります。

サービスの利用には、Facebook又はgithubでのログインが必要です。僕はgithubのアカウントを取得してログインしました。

オンラインメモの類似さービスとしては、

  • Evernote
  • iCloud

があったりしますが、「書く」ことだけに関して言えば、wri.peを好んで利用しています。

その理由は3つあります。

  • とにかく軽い(iPhoneとMacで爆速同期)
  • iPhoneアプリ「Textwell」と連携するアクションが良い
  • noteとarchive完了済みフォルダ

この3つについて、もう少し具体的に書いてみます。

スポンサーリンク

オンラインメモ「wri.pe」の良い所3つ

とにかく軽い(iPhoneとMacで爆速同期)

まず、軽い。とにかく、軽い。テキストエディタで重要なのは軽さです。凄く凄く快適なテキストエディタです。

この点に関しては、wri.peの作者の方も言及されています。

HTML5のキャッシュをうまく使うことで、Webアプリとしてはかなり高いレスポンスを誇っています。 毎日使うサイトでは速度は重要な機能 の一つです。ここはまだ改善の余地があるので、継続的に改善していきたいと思っています。
参考:個人でメモ帳アプリ wri.pe リリースしてみました。 | @masuidrive blog

オンラインメモとは思えない快適な動作です。

iPhoneアプリ「Textwell」と連携するアクションが最強

iPhoneアプリに「Textwell」というエディタがあります。iPhoneでブログを書く時に使用しているアプリです。

こちらの記事→wri.peはTextwellの第二の頭脳である wripe(新学期版) – W&R : Jazzと読書の日々 を参考に、Textwellとwri.peを連携するアクションを導入すると、Textwellで書いた文章をTextwellにスムーズに保存する事が出来ます。

そして、その文章の続きを書きたい時にも取り込むのは簡単です。

Textwell-wri.pe
▲Textwellにおいて、右スワイプでアクションを表示させます(左)。そして、wri.peアクションを起動します(右)。

textwell-wri.pe
▲ノート一覧を選択し(左)、編集したいノートを選択します(右)。

Textwell-wri.pe
▲左上の×をタップして(左)、読み込みを行うと、(右)

Textwell-wri.pe
▲wri.peに保存していた文章の続きをTextwellで編集する事が出来ます。

wri.peは、iPhoneで書いた文章を保存できる快適なオンライン保存場所といえます。

noteとarchive完了済みフォルダ

wri.peには、「note」フォルダと「archive」フォルダが存在します。

完了したメモは、「archive」フォルダに放り込む事が出来るので、簡易ToDoリストとしても利用する事が出来ます。

やる事をバーっと書き出して、完了した事はポンポンとarchiveフォルダに入れるという使い方も使用しています。

wri.pe
▲例えば、Notes表示画面で、Archiveを押してから、

wri.pe
▲Archiveを見てみると、

wri.pe
▲メモ5がArchiveに移動している事がわかります。もう使わないメモはArchiveに放り込んでおけば、Notesがスッキリとします。

他のwri.peの特徴

上記の3つ意外にも、wri.peには使いやすい点があるので、少し紹介します。

  • 定期的に自動保存
  • 検索機能あり
  • カレンダー機能

以上のような点から、文章だけ書くためのオンラインメモ帳としては、wri.peを使用しています。

参考:wri.pe – simple and smart notepadwri.pe

webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント