ブロックメモを机に置く事で就寝前や起床後のアイデアを見逃さない!

iPhoneがあるおかげで、日常においてメモを書こうと思えばiPhoneからパパッと書けてしまいます。メモ帳でもいいですし、Evernoteでも良いですし。

ところが、iPhoneからメモを書くのが億劫な時間もあります。それが、就寝前や起床後です。

そこで、この魔の時間帯に降り注いだ考えをサクッと残せるように、机にブロックメモをおいてみました。

スポンサーリンク

ブロックメモを机におくとどうなるか


▲机にブロックメモをおいておけば、就寝前や起床直後でもメモをとる環境が整います。意外にアイデアは寝る直前に閃いたりするので、書き出す仕組みが必要だと考えていました。


▲書き出したらもう忘れて構いません。あとは、この内容をiPhoneのカメラでパシャリとでもしておけば、この内容を保存しておく事が可能になります。

必要に応じて、Evernoteのチェックリストに追加しておきます。

ブロックメモに書く内容について

ブロックメモに書く内容について、一応就寝前と起床後にわけて書いてみます。

  • 就寝前・・・翌日持っていかなければならないもの(PCの充電器など)
  • 起床後・・・出かける前に行っておきたい事(爪を切るなど)

ブログネタに関しては、就寝前&起床直後どちらにもあてはまります。

一例を書きましたが、その時の場面によって色々です。とにかく、メモしにくい環境でもメモを出来るようにする事で、忘れ物を減らすという事が目的です。

大きさもポイント

書くだけなら、A4やB5の用紙でも良さそうですが、大きさもポイントです。

メモ程度の内容を書くならば、ちょこっと書いて、サクッと捨てられるようなブロックメモが適していると思います。

以上、就寝前と起床直後におけるメモについてのヒントでした。

未分類
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント