MacのAutomatorを使って選択したテキストをMarkdownからHTMLに変換する方法

最近は、Markdown記法に注目です。このブログでは最近Markdownについてのエントリが多くなっています。

さて、iPhoneでブログを書く際には、TextwellというアプリがMarkdown記法で書くのに優れているという記事を書きました。

この記事内でも少し触れましたが、PC(Mac)側でも同様にMarkdown形式で書いた方がpタグ(段落タグ)は楽です。

PCでも簡単にMarkdownからHTMLに変換出来たらなーと思って検索「Mac アプリ Markdown HTML」などとかけてみましたが、意外といいものが見つからず。

Markdownプレビュー対応のエディタアプリで、HTML出力も可能といったアプリが多い印象でした。

そこまでの高機能はいらず、もっと簡易的にMarkdownからHTMLに変換出来るのはないかと探していた所、MacのAutomatorを使った方法を紹介した記事を発見しました。

これが凄く便利です。使い方が簡単です。

一度、MarkdownからHTMLに変換するスクリプトを作成してしまえば、変換したい文章を選択してスクリプトを選択するだけですので、凄く楽です。

紹介記事よりもさらにわかりやすく手順をまとめてみました。

スポンサーリンク

MacのAutomatorを使ってMarkdownからHTMLへ変換する方法

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲Automatorを起動したら、まずサービスを選択します。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲続いて、「テキスト」を受け取る設定にして、「選択されたテキストを出力で置き換える」にチェックを入れます。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲次に、ライブラリの中から、四角で囲んだ「シェルスクリプトを実行」を右側にドラッグ&ドロップします。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲その後、図の「シェル」のプルダウンメニューから/usr/bin/perlに変更します。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲次に、Daring Fireball: Markdownのページへアクセスし、Markdown 1.0.1と書かれているリンクをクリックしてzipファイルをダウンロードします。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲ダウンロードしたzipファイルを解凍して展開し、中に入っているファイル「Markdown.pl」を右クリックなどをして任意のエディタアプリで開きます。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲書かれている文字を全選択してコピーします。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲そして、先ほどの「シェルスクリプト実行」欄へ全て貼付けます。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲そして、Automatorのメニューバーから「ファイル」を選択して、「保存」します。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲任意のファイル名で保存してください。ここでは、「MarkdownからHTMLに変換」としました。

実際にMarkdownで書いた文章をAutomatorでHTMLに変換出来る事を確認する

今保存したスクリプトが作動するか確認してみます。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲上記のようにMarkdown記法で書いた文章を、Automatorで作成したスクリプトを用いてHTML記法に変換します。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲変換したいテキストを全選択し、右クリックして、Services→MarkdownからHTMLに変換を選択します。

automatorでmarkdownからhtmlに変換

▲すると、MarkdownからHTMLに変換する事が出来ました。

まとめ

MarkdownとHTMLを併用して文章を書く人でも、Markdownオンリーで書いている人も、任意の範囲の文章をMarkdownからHTMLに変換出来るので使い道は多いと思います。

これは普段のブログを書く上で効率が上がる方法でした。

参考:[Mac] どんなアプリでもOK!選択したMarkdownテキストをHTMLに一発変換する方法。 « Appdrill

未分類
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント