MacのPowerPointで数式を挿入する方法(LaTeXiT使用)

MacのPowerPointで数式を挿入する方法を以前紹介していました。→MacのPowerPointで数式を挿入する方法

しかし、現在は違った方法で数式を挿入しています。現在は、LaTeXiTを使用して数式を挿入しています。

LaTeXiTは、TeX形式で数式画像を作成できるアプリケーションです。ここで作成した画像をPowerPointにドラッグ&ドロップするだけという使い方です。

今回は、LaTeXiTを使用してMacのPowerPointへ数式を挿入する方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

LaTeXiTを使用してMacのPowerPointに数式を挿入する方法

latexit-powerpoint
▲LaTeXiTはこちらから入手できます→LaTeXiT

mac-powerpoint-数式-latexit
▲まず、LaTeXiTを起動します。

mac-powerpoint-数式-latexit
▲出力したい数式をTeX形式で入力し終わったら、右下の「LaTeX it!」をクリックします。

mac-powerpoint-数式-latexit
▲すると、出力結果が上部に表示されます。

mac-powerpoint-数式-latexit
▲この数式でよければ、数式をドラッグ&ドロップしてPowerPointへ移動させます。

mac-powerpoint-数式-latexit
▲無事移動できました。

mac-powerpoint-数式-latexit
▲数式は拡大表示する事も出来ます。

まとめ

PowerPoint単体でも数式を貼付ける事は可能ですが、綺麗な数式を貼付けたい時にはLaTeXiTを使うといいでしょう。

複雑な数式になればなるほどその綺麗さが威力を発揮します。

TeXのコマンドの知識は必要になりますが、その都度検索すれば済んでしまいます。

なお、PowerPointだけでなく、Keynoteにも同様に数式を貼付ける事は可能です。

参考:LaTeXiT

Office製品未分類
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント