サービスが終了する前に!Google Readerのフィード登録情報をエクスポートする方法

2013年7月1日でGoogle Readerサービスが終了します。他のRSSリーダーに乗り換えると思いますが、その際に、Google Readerで登録していたフィード登録情報を利用できることがあります。

そのためには、サービスが終了する前にGoogle Readerから登録情報を書き出す必要があります(エクスポートする必要がある)。今回は、Google Readerに登録したフィード情報をexportする方法を紹介しようと思います。
Skitched 20130615 190030

スポンサーリンク

Google Readerのフィード情報をエクスポートする方法

Google リーダー  16
▲デスクトップのGoogle Readerの設定>リーダーの設定を選択します。

Skitched 20130615 183401
▲「インポート/エクスポート」を選択し、下部にある「情報をエクスポート」を選択します。

Skitched 20130615 184811
▲100%になったら、「アーカイブを作成」を選択します。

Skitched 20130615 184111
▲アーカイブが作成できたら、ダウンロードを選択します。

Skitched 20130615 183956
▲ダウンロードが終了したら、ダウンロードしたzipファイルを展開します。

リーダー
▲主に必要になるのは、subscriptions.xmlです。ここに、登録フィード情報が書き込まれています。各種サービスでフィードを登録する時には、このファイルをインポートする事で、今までのフィードが利用できます。

登録フィードが沢山あった方は、Google Readerのサービスが終了する前に、フィードのバックアップを絶対にやっておくべきでしょう。

関連記事

Bylineに続いてReederがFeedlyに対応!ローカルRSSを削除する方法
追記 2018年3月9日 現在、Reederの販売は終了しており、後継アプリのReeder 3が販売されています。 Reeder 3価格: ¥600AppStoreで詳細を見る 昨日でGoog...
RSSリーダーのBylineがついにFeedly対応!変更点&注意点を紹介!
追記 2018年2月23日 現在、Bylineの販売は終了しており、後継アプリのByline 5が販売されています。 Byline 5価格: 無料AppStoreで詳細を見る Google Re...
Google Reader終了まで1ヶ月!代替アプリのfeedlyへの移行はたったの60秒で済む!
Google Readerサービスの終了まで残り1ヶ月を切りました。そろそろ代替アプリを検討しなければいけないと思い始めたので、まずはfeedlyを利用してみました。feedlyで今までのフィードを読むのは非常に簡単でしたし、中々使いやすい...
webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント