webサービス

外付けHDDにDropboxをバックアップする方法

クラウドサービスのDropboxには、沢山のデータを保存しています。利用しているのが当たり前の感覚になっていますが、突然サービスが終了したり、誤ってデータを削除してしまう可能性もあります。

そうなると困るので、Dropbox自体をバックアップする必要があります。

そこでDropboxを外付けHDDにバックアップします。

前回、外付けHDDをTimeMachine用とデータ用にパーティションを作成する方法を紹介しました。これで外付けHDDにバックアップ出来る準備が整いました。

今回は、前回作成した外付けHDDのデータ用領域に、Dropboxをバックアップしておく方法を紹介します。通常のUSBのように行えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外付けHDDにDropboxをバックアップする方法

dropbox-バックアップ
▲外付けHDDのデータ領域の所へ、Dripboxのバックアップを行います。ここに、適当なフォルダを作成しておきます。

dropbox-バックアップ
▲Dropbox→日付の順にフォルダを作成しました。日付フォルダの中にバックアップしていきます。

dropbox-バックアップ
▲Dropboxにあるデータ全てを選択し、右クリックし、全てをコピーします。

dropbox-バックアップ
▲そして、先ほど作ったデータ領域のDropbox用フォルダにペーストします。

dropbox-バックアップ
▲すると、コピーが始まります。全部で2518項目、2.88GBありました。

dropbox-バックアップ
▲これで、Dropboxのバックアップが完了しました。簡単です。

まとめ

Dropboxにあるデータがなくなってしまうと非常に困るので、バックアップしておくと、ひとまず安心と言ったところです。簡単ですが、大事です。

外付けHDDを持っているならば、コピー&ペーストするだけで簡単なので、是非やっておきましょう。

Dropboxをまだ利用した事がないという方は、以下のリンクから登録すると、お互いに容量を500MB増加します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. webサービス

    地震?と思ったらいつも確認しているサイト「強震モニタ」

    昨日、iPhoneで緊急地震速報を受信しました。奈良県でM7.8、最大…

  2. google検索

    webサービス

    Googleの検索結果表示件数を10件から50件にする方法

    PCの検索エンジンは、Google Chromeを利用しています。普段…

  3. webサービス

    無駄に振り回しちゃうiPhone用ヌンチャクケースはクラウドファンディング発の製品だったのか

    町工場から製品開発iPhone用ヌンチャクケースが、実はクラウドファン…

  4. webサービス

    【参議院選挙】各都道府県毎のリストを利用して候補者のツイートをまとめて見る方法

    ネット選挙が解禁になり、参議院選挙の各候補者のネット上での活動が解禁と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhone

    iOS6が出る前にiOS5の便利だった機能7つを振り返ってみた!
  2. Pocket

    ブログ運営

    FC2ブログでPocket用ボタンを設置する方法とその利点
  3. goodreader

    iPhoneアプリ

    GoodReaderの特定ファイルへURLスキームでジャンプする方法が便利!
  4. feedback

    ブログ用アプリ

    URLを入力するだけ!SNSでの反応を確認出来るFeedback
  5. ブログ用アプリ

    TextwellがTextExpanderのバグ修正に対応
PAGE TOP