Amazonインスタント・ビデオの視聴の種類、レンタルルール、画質、値段について

先日、Amazonインスタント・ビデオで映画をレンタルしてみた(iPhone・iPadで視聴可能!)という記事を書いたように、Amazonでインスタントビデオをレンタルしてみました。

Amazonのアカウントでビデオをレンタルできるというのは非常に手軽で便利でした。

今回は、Amazonでのレンタルについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

視聴の種類

  • ストリーミング
  • ダウンロード

視聴の種類には、ストリーミングとダウンロードの2つがあります。

ストリーミング形式

ストリーミングは、通信をしながらビデオを見る形式になります。ですので、視聴の際には通信環境が必要になります。ただし、視聴デバイスの容量は圧迫しません。

ストリーミング視聴する際には自宅のWi-Fiを使用した方が良いでしょう。

ダウンロード形式

一方、ダウンロード形式で見る場合、一度視聴デバイス側に保存します。

ダウンロードの際には通信が必要ですが、一度保存すれば、視聴の際には通信環境は必要ありません。ただし、視聴デバイスの容量は圧迫します。

ダウンロードするかは、視聴デバイスの容量との相談が必要です。

レンタルのルール

レンタルというからには、有効期限が存在します。有効期限には2種類あって、1つは視聴してからの有効期限、もう1つはレンタルしてからの有効期限です。

  • 視聴してからの有効期限→1度再生を開始したら、48時間後(種類にもより24時間後などもあり。)にデータ消滅
  • レンタルしてからの有効期限→1ヶ月後に消滅

よって、レンタルの場合、時間に余裕のある時に視聴を開始すると良いでしょう。(全部視聴する必要もないのですが)

画質

画質はSD、HDの2種類あります。(種類によっては1つしかない場合もあり)また、HDに対応している端末は、Kindle端末しかありません。

ただ、SD画質でもiPad 3で視聴した場合、特に不満のない画質でした。

iPhoneで視聴した場合、サイズが小さいので映画を視聴するには不向きだと感じました。

値段

値段はいくらから?

例えば、先日借りた日本沈没は、SDで315円でした。一般的なレンタルショップよりは高いのでしょうが、あまり気にしません。

レンタルショップに行かずに家にいながらすぐに視聴を始められる事が、Amazonインスタント・ビデオの利点だからです。

まとめ

以上で見てきたように、Amazonインスタント・ビデオは、iPadで視聴するならば、家にいながらもすぐに映画を見始められるのが良いと思いました。

Amazonインスタント・ビデオ の ベストセラーを見てみる

Amazon プライム・ビデオ
価格: 無料
webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント