Dropboxでのログインを2段階認証にする方法!

クラウドサービスの代表格であるDropboxがセキュリティ対策として、2段階認証プロセスを導入しました。設定をすると、通常の認証プロセス、つまりアカウントとパスワードで認証するのに加え、モバイルを用いたもう1段階の認証を行え、不正アクセスされるリスクを減らすことが出来ます。

より安全にサービスを利用するために、今回のDropboxの2段階認証プロセスを導入してみました。スクリーンショットを交えて説明していきます。

スポンサーリンク

必要なもの

  • 携帯電話の番号、もしくは、アプリ「Google Authenticator、Amazon AWS MFA、 Authenticatorのいずれか」(無料)

▽今回は、携帯電話の番号を用いた方法と、iPhoneアプリのGoogle Authenticatorを用いた方法の2種類を紹介します。
2種類の方法がありますが、途中までは一緒の過程です。

Dropboxでのログインを2段階認証にする方法

まずDropboxのwebページへ行き、ログインし、右上の自分のアカウント>設定と進みます。
dropbox

セキュリティのタブをクリックします。
dropbox

次に、下の方にあるAccount sign in 内より、「Two-step verification(二段階認証)」項目の「(change)」をクリックします。
dropbox

二段階認証設定に入ります。
dropbox

Dropboxにログインする際のパスワードを入力します。
dropbox

次に進むと選択画面が現れます。
dropbox

  • 左が携帯電話番号が必要
  • 右がアプリ(Google Authenticator、Amazon AWS MFA、 Authenticatorのいずれか)が必要(QRコード認証のため)

携帯番号を送信して認証する方法

dropbox

携帯電話の番号を入力します。携帯電話の番号が090-1234-5678でしたら、先頭の0を除いて、9012345678と入力します。
dropbox

携帯に6桁のコードが送られてくるので、それを入力します。
dropbox

すると携帯をなくしたときでも、2段階認証を無効にするためのパスワードが表示されるので、控えておきます。IMG_2479

アプリを使って認証する方法

dropbox

「モバイルアプリを使用」を選択すると、QRコードが出てきます。
dropbox

iPhoneならGoogle Authenticatorを使って認証することができました。

Google Authenticator

Google Authenticator
価格: 無料
posted with アプリーチ

このアプリを起動し、+をタップ
IMG_0808

「バーコードをスキャン」をタップ
IMG_0807

そしてバーコードを読み取ります。

読み取れた6桁の数字を入力します。
dropbox

すると携帯をなくしたときでも、2段階認証を無効にするためのパスワードが表示されるので、控えておきます。
dropbox

「2段階認証を有効にする」を押して、設定は完了です。

簡単に設定できるので、セキュリティ対策として、設定しておくといいと思います。

webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント