TextwellでTextExpanderが使用できるようになって快適

DraftPadの後継アプリ「Textwell」がTextExpanderに対応して、テキストエディタアプリとしてさらに便利になりました。

今回は、TextExpanderを利用するための方法と、連携できない時の解決法を紹介します。

これでiPhone 5sでもブログの下書きが快適に行えます。

スポンサーリンク

TextwellでTextExpanderが利用できるようになった

テキストエディタのTextwellがTextExpanderに対応しました。使用するには、設定が必要です。



▲設定>Textwell>その他から、TextExpanderをオンにします。


リマインダーとの連携も必要

Textwellで
TextExpanderを利用するためには、リマインダーとの連携も必要となっています。最初、利用できなくて焦りましたが、その設定方法も載せておきます。



▲何か適当な文字を入力してから(左)、プリセットで用意されているアシスト「Add to Reminders」をタップします。



するとTextwellとリマインダーの連携ポップアップが出るので、そのまま連携させます。

これで、iPhone 5sのメインエディタはTextwellに決まりそうです。ブログ書きは、TextExpanderがないと、始まりません。

現在、iOS 7でTextExpanderに対応している他のテキストエディタアプリとしては、MyEditorやTextForceなどがあります。

Textwell
価格: ¥360
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント