Quicka2が登場!Quickaからデータをエクスポートする方法

今か今かと楽しみにしてきた検索アプリQuickaのバージョンアップ「Quicka2」がリリースされました。

Quicka2は、Quickaと別アプリなので再度購入する形になります。

これに伴い、以前まで使用していた検索データは再度登録する形になりますが、Quickaからのエクスポート機能が出来ます。

以前のQuickaからQuicka2へデータを移行したので、その方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

QuickaのデータをQuicka2にエクスポートする方法

流れをまず説明します。

  1. 以前のQuickaをver2.3にアップデートする
  2. 以前のQuickaを起動し、編集画面からQuicka2にエクスポートする

2手順で終了します。それでは具体的に手順を紹介します。とは言っても2つ目の項目だけ説明します。まずはQuickaをver2.3にアップデートしておいてください。

以前のQuickaからQuicka2にエクスポートする方法

以前のQuickaを起動します。

Quicka2
▲そこで設定を選択し(左)、エクスポートしたいデータを選択します(右)。

Quicka2
▲ver2.3であれば、「Quicka2にエクスポートする」項目があるのでここをタップすると(左)、Quicka2に反映されています(右)。

Quicka2
▲こうしてエクスポートしたりして、Quicka2で主に使用する検索項目は、上記のようになりました。

慶應KOSMOSというのは、大学の蔵書を検索できるようにしているものです。方法はこちら→Quickaで大学の図書館の蔵書検索を行えるようにした!

「日々の観察ブログを検索」というのは、自分の記事を検索するためのものです。方法はこちら→関連記事を参照する際に!Quickaで自分のブログを検索する方法

他のデータは、Quicka2内から登録できるものです。

Quicka2のURLスキーム

Quicka2のURLスキームはquicka2:です。MyShortcuts+Viewerを利用して通知センターから起動できるようにしました。
Quicka2

まとめ

検索語句を入力してから検索エンジン(図書館、Twitter、アプリ、自分のブログ、etc…)を選択できるのがQuicka2の強みです。デザインもiOS 7向けになっていていい感じです。安定して軽いのも使いやすいポイントです!

新たに購入する形となりますが、以前からQuickaを利用していた方は必須アプリでしょう。

Quicka2 – 検索を快適に
価格: ¥120

MyShortcuts+Viewer
価格: ¥120
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント