ゲリラ豪雨対策に!最新の雨雲レーダーを確認するのに利用しているサイト「デジタル台風」

最近本当にゲリラ豪雨が多いです。局地的に猛烈な雨にあうことがしばしば。

通常の天気予報ではカバーしきれないのがゲリラ豪雨です。

そこで、雨雲を自分で確認して、自分のいる地域がいつ局地的豪雨に見舞われるかを予測するのに見ているサイト「デジタル台風」を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

雨雲レーダーを確認する時に利用している「デジタル台風」

デジタル台風は以下のサイトです。

デジタル台風:リアルタイム雨雲レーダー(気象レーダー)画像(Google Maps版)


▲10分前と10分後を押したりすることで、雨雲の時間変化をみることができます。

予測出来ること

デジタル台風で予測出来ることは、

  • 自分のいる地域がいつ雨が降りそうか
  • 雨の規模

です。

雨雲の時間変化をみることで、雨雲が北上しているのか、南下しているのかはわかります。その移動速度から、自分のいる地域がいつ降りそうか、大まかな検討はつきます。

iPhoneのホーム画面にデジタル台風のリンクを置く方法

雨雲の予測をするのは主に外出先です。

外出先ならば、スマートフォンでの確認が便利です。そこで、iPhoneのホーム画面にデジタル台風のリンクを置く方法を紹介します。


▲Safariでデジタル台風を開きます。そして上記の部分をタップし(左)、ホーム画面に追加をタップします(右)。


▲そして、好きな名称(ここではデジタル台風としました)を入力したら追加をタップすると(左)、ホーム画面にリンクが追加されます(右)。

ここで言うのもアレなんですが、デジタル台風のページをブックマークしておけば良い話ですね。笑

僕はホーム画面に置く派ですが。

アイコンを任意のものにしたい場合はTouch Icon Creatorを使う

先ほどの方法だと、アイコンがWebページのものになってしまって見た目がイマイチです。

そこで、応用ですが、iPhoneアプリのTouch Icon Creatorを使うことで、アイコンを任意のものにできます。


▲Touch Icon Creatorを使うと右のようなアイコンにできます。お好みで設定してみてください。

Touch Icon Creator
価格: ¥120
webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント