iPhoneアプリ

iMovieアプリを使ってiPhoneで撮影した動画を動画編集(トリミング)する方法

iPhoneで撮影した動画をYouTubeにアップロードする時に、動画の前後をトリミングしたい時があります。

そんな時には、Appleの純正iPhoneアプリ「iMovie」が便利です。

動画編集は面倒かと思っていましたが、iMovieは難しくありませんでした。

今回は、iMovieを使って動画をトリミングする手順を紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneで撮影した動画をiMovieで動画前後をトリミングする方法

今回は、先日までダウンロードできたiPhone画面を録画できるアプリ「xRec」で撮影したゲームプレイ動画のトリミングを行ってみました。


▲iMovieを起動したら+ボタンを押し(左)、「新規プロジェクト」をタップします(右)。


▲続いてカメラロールの動画を編集するために図の部分をタップし(左)、編集したい動画を選択します(右)。


▲すると矢印が出てくるのでそれをタップすると(左)、動画編集画面になります。ここで動画部分をタップすると(右)、


▲黄色い丸が出てきます。この丸を左右に動かす事で、出だし部分を調節できます。やってみればわかる感覚です(左)。動画の終わりも調整できます(右)。


▲調整が終わったら左上の部分をタップし(左)、図のエクスポート用の部分をタップします(右)。


▲すると、出力先を聞かれます。ここではカメラロールを選択します(左)。そして、書き出しサイズを聞かれます。ここでは一番容量の大きいHD 720pにします。ここのサイズはよくわかりませんが、僕はいつも720pにしています(右)。


▲すると、書き出しが始まります。進行具合が表示されています(左)。そして2分ほどすると、書き出しが終わりました。トリミングした動画はカメラロールへの書き出しが完了しました。

後は、カメラロールからYouTubeにアップロード出来ます。

まとめ

今までiPhoneで録画した動画をYouTubeにアップロードする場合に、「動画をトリミング」という概念が有りませんでした。

しかし、iPhoneアプリのiMovieを使えばiPhoneから簡単にトリミング出来ました。

iMovieって聞いて何と無く敬遠してしまっていましたが、まずは初歩的なトリミングをしてみました。はっきり言って簡単でした。

今回のエントリーを見て、少しでも動画のトリミングに対する苦手意識(壁)が低くなれば良いなと思いました。

iMovie
価格: 無料
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Sleep Cycle alarm clock
  2. tenkijp

    iPhoneアプリ

    バッジで降水確率を確認できる便利なアプリ tenki.jp

    普段意外と天気を確認している人は少ないのではないのでしょうか。出かける…

  3. iPhoneアプリ

    iPhone 5sでもiPhoneの2chブラウザ「GraffitiPot」を使用できた

    2chブラウザのGraffitiPotは、2013年3月頃にApp S…

  4. sysight

    iPhoneアプリ

    SySightのメモリ解放URLスキームを色々試してみた

    iOS 7で利用できるメモリ解放アプリのURLスキームが色々と用意され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhoneアプリ

    特定ブログが更新されたら即チェックしたい時に便利なRSSプッシュ通知アプリ「Si…
  2. CamScanner+

    iPhoneアプリ

    CamScanner+を使って教科書を持ち運ぼう!!
  3. iphone用防水ケース

    iPhone

    ゲリラ豪雨によるiPhoneの水没を防ぐための防水ケースを持つ!
  4. セリアのタッチペン

    iPhone

    100円ショップセリアでタッチペンも買える!
  5. resizeit

    Macアプリ

    画像サイズ一括変更に無料のMacアプリ「ResizeIt」が使える!
PAGE TOP