Twitterの短縮URL(t.co~)が誰由来のものなのか検索する方法

Google Analyticsの「集客」→「ソーシャル」→「ランディングページ」から、特定のページ(理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット)のTwitter流入元を見てみました。

すると、ご覧のようになっています。

googleanalytics-twitter-url

一番上にある短縮URLの影響が大きい事がわかるので、これは誰由来のものなのかということを知りたいと思いました。

ちなみに、この短縮URLをブラウザのアドレスバーに入力すると、そのページに繋がります。今回の場合は、https://hibikanblog.net/blog-entry-395.htmlになります。

ここで、

[For Blogger Tips] Twitter の誰のつぶやきからブログに流入しているの?わかるの?→ はい、リンク元の Twitter の短縮URLからわかりますよ。 | 覚醒する @CDiP

を参考に、ブラウザの公式Twitterページで検索窓に入れてみた所、ツイートが見つかりません。という結果が返されました。

googleanalytics-twitter-url

短縮URLで検索することが出来ませんでした

続いて、ブラウザの公式Twitterページに、短縮URLが示すアドレス(今回の場合は、https://hibikanblog.net/blog-entry-395.html)を入力してみます。

すると、

googleanalytics-twitter-url
▲リンクにカーソルを合わせた時に、短縮URLが表示されますが、検索対象期間が1週間ほどしかありません。長期の検索には向いていません。

そこで、利用したサービスが、Topsyです。(Twitter Search, Monitoring, & Analytics | Topsy.com)

スポンサーリンク

TOPSYを使って短縮URLが誰由来のものなのか調べる方法

topsy-twitter-search
▲TOPSYの検索窓に、調べたいアドレスを入力して、検索を実行します。

topsy-tweet-search
▲すると、ご覧のような結果となります。今回は、影響力のあるTweetを検索しているので、Influential Onlyの方を選択しました。

リンクにカーソルを合わせると、短縮URLを確認できます。目的の短縮URLを探す事が出来ました。

まとめ

Twitter短縮URLの流入元を知りたい時には、TOPSYを利用すると良いでしょう。Influential Onlyというオプションが使いやすくて便利です。

webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント