Reflectorの無料版は10分まで→その後使用するには10分待つ必要有り

iPhoneの画面を録画する時に使用しているMacアプリ「Reflector」。

このブログでも以前に使い方を紹介しました。

ゲームプレイ動画を撮影したい時に重宝しています。

Reflectorには無料版と有料版があります。無料版は連続で10分間しか録画できません。10分経ったら自動で録画が中断されます。

今までは一回に撮影する時間が10分未満のものが1本しかなかったので問題なかったのですが、最近10分未満のものを複数回撮影する機会がありました。

その際、もちろん10分間経つと自動で使用できなくなります。再び使用しようとしてReflectorを立ち上げると、以下のようなポップアップが出現して連続で使用できませんでした。

reflector
▲Trial Period Overと表示され、有料版を勧められます。しかし、ここから10分待ってからReflectorを起動すると…

reflector
▲再びRunning In Trial Modeとなり、録画が出来るようになります。

無料版では、連続して使用するためには10分の休憩をはさむ必要があることがわかりました。

「連続して使いたい!」という人は、有料版を購入するという選択肢があります。

僕は無料版で足りています。

webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント