PowerPointで直方体図形(3D)を作成する方法

PowerPointで直方体図形を作るのに苦労したので、作成方法をまとめておきます。

今回紹介する直方体図形を作成する方法は、大きく分けると2種類、細かく分けると4種類です。
(使用したバージョンは、PowerPoint for Mac 2011です。)

スポンサーリンク

直方体図形を作成する方法

直方体図形を作成するには、2パターンあります。

  • 直方体図形を作成する方法
  • 四角形に奥行きを持たせる方法

2つの方法で異なる点は、視点です。自分が作成したい図形に合わせて使い分けてください。

直方体図形を作成する方法

まずは、直方体図形を作成する方法を紹介します。

powerpoint-3D図形-直方体
▲挿入→図形→基本図形→直方体を選択します。

そして、配置したい所で押しながら引っ張ると、あっという間に直方体が作成できてしまいます。

powerpoint-3D図形-直方体
▲あとは、お好みで黄色部分を下に動かしたりすれば、厚みを変更する事が出来ます。

powerpoint-3D図形-直方体
▲厚みを変更できました。

四角形に奥行きを持たせる方法

続いて、四角形に奥行きを持たせる方法を紹介します。先ほどの直方体とは見る角度が異なります。

powerpoint-3D図形-直方体
▲先ほどと同じように、挿入→図形→四角形→正方形/長方形を選択します。

そして、配置したい所で押しながら引っ張ると四角形が作成できます。これだけだと、ただの四角形なので、これを立体にしていきます。

powerpoint-3D図形-直方体
▲作成した四角形を①ダブルクリックして、②図形の効果を選択します。

powerpoint-3D図形-直方体
▲そして、3-D回転→等角投影(上向き、右上がり)を選択してみます。

powerpoint-3D図形-直方体
▲すると、向きが変わります。これだけではまだ立体ではありません。さらに図形を右クリックして、「図形の書式設定」を選択します。

powerpoint-3D図形-直方体
▲図形の書式設定画面から、3-D書式→奥行きと表面→奥行きの値を20ptにしてOKを押します。

powerpoint-3D図形-直方体
▲すると、視点の変わった直方体図形を作成する事が出来ました。

視点の変わった直方体図形にはいくつか種類があって、他に使えそうな向きは2つあります。

powerpoint-3D図形-直方体
▲1つは、不等角投影1(上)

powerpoint-3D図形-直方体
▲不等角投影1(上)の直方体

powerpoint-3D図形-直方体
▲そして、もう1つが、不等角投影2(上)

powerpoint-3D図形-直方体
▲不等角投影2(上)の直方体です。右側面の影が特徴的です。

他の3-D回転は、場合によっては使用した方がいいかもしれませんが、僕が使用する上では、以上の4つのパターンで事足りそうです。

まとめ

今回紹介した直方体図形を作成する方法は、

  • 直方体図形を作成する方法
  • 四角形に奥行きを持たせる方法
    • 等角投影(上向き、右下がり)
    • 不等角投影1(上)
    • 不等角投影2(上)

の4つになります。自分の作成したい図形に合わせて、使い分けてみてください。

Office製品
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント