6つの機械翻訳サイト横断検索ツール「ほんやくまとめ」の使い方

現在「ほんやくまとめ」は利用できなくなっています。

先日、英語でプレゼンする機会がありました。

スライドを英語で作成した後、発表用の原稿作成に取り掛かりました。

ますは日本語で発表用の原稿を作成し、続いて、日本語原稿を英語に翻訳していく形を取りました。

翻訳していくのが大変だったので、機械の力を借りました。ほんやくコンニャク翻訳ツールです。

翻訳ツールは多少(結構)間違った事を返してくるのですが、とりあえず、機械的に訳したい時には、複数の翻訳ツールをまとめて横断検索できる「ほんやくまとめ」がオススメです。

スポンサーリンク

ほんやくまとめの使い方

「ほんやくまとめ」~翻訳をまとめて表示(英、韓、中、仏、独、西、葡、伊)~

「ほんやくまとめ」で利用できる翻訳ツールは以下の6つのサービスです。

  • Google
  • bing
  • Yahoo!
  • excite
  • @nifty
  • babylon

また、翻訳に対応している言語は、以下の8つの言語です。

  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • イタリア語

6つの検索結果が表示されるので、1番適切そうな訳を選択できることができます。

ほんやくまとめ
▲まずは、翻訳したい文章を入力してから、翻訳形式(図では、英→日と書いてある部分)を選択します。

ほんやくまとめ
▲そして、目的の翻訳を選択します。ここでは、日本語から英語を選択します。

ほんやくまとめ
▲そして、「ほんやく」を選択します。

ほんやくまとめ
▲すると、6つのサービスでの同時機械翻訳を参照できます。

まとめ

文章作りに迷った時には、機械に聞いてみるのもいいでしょう。まとめて横断できるので、個別に翻訳サービスで検索する必要がありません。和訳も可能です。

「ほんやくまとめ」でまとめて検索して、どれがいいか、どれもダメか、考える事が出来ます。

ただ、機械翻訳なので、あくまで参考程度に利用してください。

参考:「ほんやくまとめ」~翻訳をまとめて表示(英、韓、中、仏、独、西、葡、伊)~

勉強
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント