僕がTwitterに保存している、演算子を利用した3つの検索ワード

昨日のエントリー Twitterの検索演算子(パラメータ)一覧の続きです。

Twitterの検索は保存できます。いつも検索するキーワードならば、保存してしまった方が楽チンです。そこで、僕が検索として保存しているキーワードを紹介しようと思います。検索ワードには演算子を利用しています。

スポンサーリンク

僕の利用法

ブログのエゴサーチ

ブログのエゴサーチ(自分のブログ記事がTwitterで共有されているかを検索する事)を行う時に、これらの演算子を組み合わせる事で、簡単に見つけ出せるようになります。

僕が自分のブログを検索する時に利用しているキーワードを以下に紹介します。

nasimeya.blog.fc2.com OR 日々の観察ブログ -from:nasimeya
この検索では、3つの演算子を利用しています。

  • OR演算子
  • -演算子
  • from演算子

の3つです。自分のブログアドレス(nasimeya.blog.fc2.com)、又はブログ名(日々の観察ブログ)の中で、自分が発したツイートを除き(-from:nasimeya)、他の人が発したツイートだけ発見できるようになっています。

nasimeya.blog.fc2.com OR 日々の観察ブログ」と比較すると、「-from:」演算子の効果がよくわかると思います。

話題のアプリの評判

話題となっているiPhoneアプリの使用感を把握するために、ちょくちょく検索しています。

例えば、Gunosyという情報収集アプリがあります。僕は毎日朝刊夕刊の各25記事を眺めています。

グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本

グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本
価格: 無料
posted with アプリーチ

このアプリの評判を検索する時の検索ワードは、「gunosy -com」としています。

なぜ、-comを入れているかというと、Gunosyには配信された記事をTwitterでシェアする時に、リンクアドレスが自動で「gunosy.com/~」となるからです。

シェア記事を自動でカットするために、「-com」というマイナス演算子を入れているという訳です。

話題のアプリの評判2

先ほどのGunosyは、利用者が沢山いて、一日に何十件もアプリに対しての感想がつぶやかれています。

対して、Gunosyほどつぶやきがされないアプリは、まとめて検索してしまうという方法があります。

僕が登録している一括アプリのキーワードを示しておきます。いずれも僕が利用しているアプリです。
autoever OR moveever OR mergeever OR trashever OR tagever OR fastever OR fesnap OR MyShortcuts+Viewer OR DraftPad OR するぷろ

気になるアプリ名を全てORで繋げたものです。新たな発見もあるので、こういった検索は意外とブログネタに繋がったりするので、検索保存しています。

※注意:あまりにも長い検索ワードだと、保存できません。上記の長さだと保存できます。

Twitter検索の保存方法

Tweetbotでの検索保存方法

一応、検索の保存方法を紹介しておきます。僕が普段利用しているiPhoneのTwitterアプリは、Tweetbotです。

Tweetbot 4 for Twitter
価格: ¥600

Tweetbotでの検索保存の方法を示しておこうと思います。


▲Tweetbotの検索窓に検索ワードを入力し(左)、Searchをタップします(右)。


▲すると、検索結果が表示されるとともに、右上に「保存」マークがあるので、これをタップすると(左)、検索を保存できます(右)。

Web版Twitterでの検索保存方法

PCのブラウザからTwitterを検索する事ももちろん出来ます。この時の検索の保存方法も紹介しておきます。

Skitched 20130826 131254
▲検索窓に検索キーワードを入力して検索を実行し、

Skitched 20130826 131416
▲歯車を選択すると「検索を保存」できます。

Skitched 20130826 131510
▲ちゃんと検索を保存できているので、次回からの検索の手間が軽減されます。特に検索演算子を利用した検索は、毎回入力していると大変です。

Skitched 20130826 131901
▲なお、登録した検索は、同様に歯車から削除できます。

※保存した検索はアカウントが共通ならば、他の端末で検索する際にも保存が反映されます。

Twitter for iPhoneでは、検索を新たに保存できない

iPhoneのTwitterアプリには、公式アプリが存在します。

しかし、公式のアプリでは、検索を新たに保存する事ができませんでした。公式ページにその記述がありました。

注記: Twitter for iPhoneアプリから新しく検索を保存することはできません。パソコンサイトからのみです。

しかし、TweetbotやWeb版Twitterで保存した検索は使用する事が出来ます。新たに保存したい検索が頻繁に出てくるようならば、Tweetbotを利用するのも1つの手です。

Web版Twitterや公式Twitterアプリで検索する時の注意

検索をしていて気づいたのですが、Web版Twitterや公式Twitterアプリでの検索は、Tweetbotでの検索に比べて、精度がイマイチです。

Tweetbotでは検索できるツイートが、Web版Twitterや公式Twitterアプリでは検索できない事もあります。その点を考慮して、Web版Twitterや公式Twitterアプリを利用してみてください。

webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント