webサービス

Amazon Student会員は応募しよう!大学対抗でAmazonギフト券総額60万円分が20名に当たる!

Amazonが面白い企画を行っています。Amazon Student会員なら、Amazonギフト券を最大3万円分貰えるキャンペーンを行っています。

しかも、応募率の高かった上位5大学から当選者が出るという特殊キャンペーンです。TwitterとFacebookから応募できます。Twitterで応募したので、その手順をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当選商品

当選商品は、以下のようになっています。

・応募率1位の大学から抽選で8名に、Amazonギフト券3万円分
・応募率2~5位の大学から抽選で12名(各大学3名)に、Amazonギフト券3万円分

キャンペーン応募期間

キャンペーン応募期間は、以下のようになっています。

2013年8月1日(木) 00時00分~2013年8月31日(土)23時59分(日本時間)

Amazon.co.jp: 【Amazon Student会員限定】Amazonギフト券総額60万円分が20名様に当たる!大学対抗キャンペーン

対抗するのは大学毎の応募率

面白いのが、大学毎の応募数を対抗するのではなく、大学毎の応募率を争うというものです。これなら、絶対数の少ない大学でチャンスがある訳です。むしろ、勝つチャンスが高い気がします。

Twitterでのキャンペーン応募方法

僕はTwitterアカウントで応募してみました。その手順を簡単に紹介しようと思います。2分ほどで終わる簡単なエントリです。
Skitched 20130804 212349
▲まずは、Amazonのこちら→Amazon.co.jp: 【Amazon Student会員限定】Amazonギフト券総額60万円分が20名様に当たる!大学対抗キャンペーンのページに行き、Twitterでエントリーを選択します。

Skitched 20130804 212656
▲続いて、@AmazonJPをフォローし、キャンペーン参加に同意するにチェックを入れて、エントリーボタンを押します。

Skitched 20130804 212739
▲連携アプリの認証の確認をされるので、認証を選択し、

Skitched 20130804 212820
▲サインインし、

Skitched 20130804 213356
▲最後にあらかじめ入力されているキャンペーンのツイートをすることで完了となります。

キャンペーンのツイートは以下のようなものです。

Facebookでも応募すると当選確率2倍!

Facebookでも応募すると、当選確率が2倍になります。Facebookのアカウントもある方は、こちらでも応募するといいと思います。

Twitterで応募した人を確認する方法

Twitter経由でキャンペーンに応募した場合、最後のツイートで、#大学生ならAmazonStudent というハッシュタグ付きのツイートを行っています。

なので、このハッシュタグで検索をかければ、今までに応募した人を検索できます。現時点でさらっと見てみましたが、200人ほど応募が完了しています。

まとめ

とりあえず、2013年9月4日に応募率の高い大学上位5つの大学が発表されます。この結果が凄く興味あるので、これが公開されるだけでも満足しています。

でも、応募率1位になれば、Amazonギフト券3万円が貰えるかもしれないので、当選したいですね。慶應生の皆さんは進んで応募しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. chromeアプリ

    webサービス

    Google Chromeで新規タブを開いた時の挙動を調整する拡張機能「New Tab Redire…

    今までGoogle Chromeで新規タブを開いた時には、以下のような…

  2. webサービス

    Google Readerが2013年7月2日から使用不可・・

    毎日の情報収集で大変お世話になってきたGoogle Readerが、2…

  3. webサービス

    ゲリラ豪雨対策に!最新の雨雲レーダーを確認するのに利用しているサイト「デジタル台風」

    最近本当にゲリラ豪雨が多いです。局地的に猛烈な雨にあうことがしばしば。…

  4. dropbox

    webサービス

    Dropboxでのログインを2段階認証にする方法!

    クラウドサービスの代表格であるDropboxがセキュリティ対策として、…

  5. webサービス

    Amazonインスタント・ビデオで映画をレンタルしてみた(iPhone・iPadで視聴可能!)

    Amazonインスタント・ビデオが開始したのは日本では2013年11月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhoneアプリ

    iPhoneアプリのホーム画面を晒す
  2. iPhoneアプリ

    【仕事効率化】有料iPhoneアプリランキング(12/04/29)
  3. iPhoneアプリ

    スクリーンショットにiPhoneのフレーム枠を合成できるアプリ「Screensh…
  4. itunes

    iPhone

    iPhoneでiTunes Wi-Fi同期を自動的に行わないようにする方法
  5. iPhone

    Appleが9月12日(水)に発表会を開催!次世代iPhoneが濃厚!
PAGE TOP