iPhoneアプリ

iPhoneアプリの「セルフタイマーカメラ」は、3,5,10,20,30秒から選べる!

先日の記事 衣服にスプレーするだけで冷感持続するシャツクールは熱中症対策に断然オススメ!でちょっとしたトラブルがありました。

衣服とスプレーを持って写真を撮りたかったのですが、どうも上手くいきません。当たり前です。iPhoneは持てません。

それなら、セルフタイマーで写真を撮れば良い!と思いました。

しかし、純正のカメラアプリにはセルフタイマー機能がありません。

そこで利用したのがセルフタイマーカメラというアプリです。アプリ名の何とわかりやすい事か!

というわけで、セルフタイマーだけに特化したこのアプリを紹介しようと思います。3秒、5秒、10秒、20秒、30秒の5つから選べるので、問題なく使えると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セルフタイマーカメラの使い方

セルフタイマーカメラ
価格: 無料


▲アプリを起動すると、左下にセルフタイマーの秒数が表示されています。この部分をタップすることで、秒数を切り替えられます。


▲3秒、5秒、10秒、20秒、30秒のうちの5パターンから選べます。これだけパターンが揃っていれば、どんな用途にも使えそうです。


▲1番長い秒数が30秒です!


▲撮影したら上記のような画面になります。カメラロールに移すには、真ん中のSaveをタップします。やり直したい時にはNoをタップします。

Appsは他のアプリ紹介リンクページにいきます。セルフタイマーカメラアプリを使う上では必要ないと思います。

まとめ

僕は、今までセルフタイマーカメラを使ってこなかったのでしょう。なので今となっての紹介になりました。

デフォルトのカメラアプリではセルフタイマー機能はありません。

セルフタイマーで撮影するには、専用のアプリ「セルフタイマーカメラ」を使えばOKです!

セルフタイマーカメラ
価格: 無料
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. MyScript MathPad

    iPhoneアプリ

    Pastebotを利用して、MathPadで作成したLaTeX形式の数式をiPhoneからMacへペ…

    前回、手書きで書いた数式を画像やLaTeX形式に保存できるiPhone…

  2. iphoneapp37
  3. fastzaim
  4. Pastebot
  5. ithoughts

    iPhoneアプリ

    簡易マップを作成する時にiPhoneアプリ「iThoughts」がオススメ!

    iPhoneのマインドマップアプリ「iThoughts」は簡易マップを…

  6. ソフトバンクWi-Fiスポット

    iPhoneアプリ

    ソフトバンクWi-Fiスポットを検索出来るアプリが登場!

    ソフトバンクWi-Fiスポットがある目印であるソフトバンク犬のポスター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. Mac設定

    【Mac】スクリーンショットの保存先を変更する方法
  2. twitter

    ブログ運営

    リンク紹介する時にツイート数も一緒に表示する方法
  3. webサービス

    オリンピック見るの楽しい!テレビで放映されない競技はストリーミングでチェック!
  4. Mac

    Macでブラウザを更新するショートカットキー
  5. passcode-lock

    iPhone

    iPhoneのパスコードを10回間違えると再入力までに60分必要
PAGE TOP