iPhoneでの画像加工に欠かせないSkitchが、太さ調節が5段階&文字入力形式が進化した!

最近はiPhoneでブログの下書きの大部分を行うようになってきました。

そんな中で欠かせないのが画像加工のためのアプリ。アプリ紹介をする上で、撮影したスクリーンショットに、必要な矢印を付け加えるのに毎回お世話になっているのがSkitchです。

今回、Skitchのアップデートにより、さらに進化したアプリとなりました。

今回のアップデートのポイントは3つです。

  • 太さ調節が今までの3段階から5段階に増えた
  • 文字入力形式が変わって、さらに文字の移動がしやすくなった
  • アプリが今までよりサクサク動くようになった

というわけで、具体的に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

太さ調節が5段階&文字入力形式が進化!

今回のアップデート内容は以下のようになっています。
2.0.3の変更点

  • 新しくなったWYSIWYG テキストエディタ
  • 多数の改善でアプリがより安定・速く

WYSIWYGとはなんぞや?大辞林にお伺いして見ました。省略形単語もわかるみたい。

ウィジウィグって読むのか。無理矢理感が漂います。What You See Is What You Getの頭文字を取っているということなのね。

で、WYSIWYGエディタというのは、どういうことかというと、
編集画面=仕上がり画面のまま行えるテキストエディタということです。具体的にSkitchでどのような感じになるか後で示します。

アップデートで変更された点

では、ここから今回のSkitchのアップデートで何が変わったのかを、スクリーンショットを交えて解説していきます。


▲まずは、線の太さ調節の種類が3段階から5段階に増えました。


▲四角囲みで5段階で使用した感じです。一番太いのは正直使わないと思いますが、それ以外は、適宜使い分けることができそうです。


▲そして、文字入力形式にも変化がありました。背景を見ながら文字を追加できるようになりました。これがWYSIWYGエディタということです。

そして、スクリーンショットはありませんが、サクサク感が増しました。

ワンタップごとの反応が確実に速くなっています。これは普段から使用しているユーザーにとっては嬉しいことです。

まとめ

Skitchはますます使いやすくなったといえるアップデートでした。Macでも利用しているので、慣れ親しんでいますが、今後のアップデートにも期待が持てます。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
価格: 無料
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント