iPhoneアプリ

iPhoneでの画像加工に欠かせないSkitchが、太さ調節が5段階&文字入力形式が進化した!

最近はiPhoneでブログの下書きの大部分を行うようになってきました。

そんな中で欠かせないのが画像加工のためのアプリ。アプリ紹介をする上で、撮影したスクリーンショットに、必要な矢印を付け加えるのに毎回お世話になっているのがSkitchです。

今回、Skitchのアップデートにより、さらに進化したアプリとなりました。

今回のアップデートのポイントは3つです。

  • 太さ調節が今までの3段階から5段階に増えた
  • 文字入力形式が変わって、さらに文字の移動がしやすくなった
  • アプリが今までよりサクサク動くようになった

というわけで、具体的に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太さ調節が5段階&文字入力形式が進化!

今回のアップデート内容は以下のようになっています。
2.0.3の変更点

  • 新しくなったWYSIWYG テキストエディタ
  • 多数の改善でアプリがより安定・速く

WYSIWYGとはなんぞや?大辞林にお伺いして見ました。省略形単語もわかるみたい。

ウィジウィグって読むのか。無理矢理感が漂います。What You See Is What You Getの頭文字を取っているということなのね。

で、WYSIWYGエディタというのは、どういうことかというと、
編集画面=仕上がり画面のまま行えるテキストエディタということです。具体的にSkitchでどのような感じになるか後で示します。

アップデートで変更された点

では、ここから今回のSkitchのアップデートで何が変わったのかを、スクリーンショットを交えて解説していきます。


▲まずは、線の太さ調節の種類が3段階から5段階に増えました。


▲四角囲みで5段階で使用した感じです。一番太いのは正直使わないと思いますが、それ以外は、適宜使い分けることができそうです。


▲そして、文字入力形式にも変化がありました。背景を見ながら文字を追加できるようになりました。これがWYSIWYGエディタということです。

そして、スクリーンショットはありませんが、サクサク感が増しました。

ワンタップごとの反応が確実に速くなっています。これは普段から使用しているユーザーにとっては嬉しいことです。

まとめ

Skitchはますます使いやすくなったといえるアップデートでした。Macでも利用しているので、慣れ親しんでいますが、今後のアップデートにも期待が持てます。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
価格: 無料
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. バーチャル高校野球

    iPhoneアプリ

    【甲子園】iPhoneの高校野球ライブ中継アプリが熱い!

    追記 2018年3月7日 現在、バーチャル高校野…

  2. Tweetbot 4 for Twitter
  3. iPhoneアプリ

    Twitter検索アプリFalconでOR検索が可能になったので検索例を紹介!

    Twitter検索ストリーミングアプリのFalconが、本日行われたア…

  4. netprintアプリ

    iPhoneアプリ

    iPhone・スマートフォン内にある書類データ(pdf,Wordなど)をセブンイレブンで印刷する方法…

    以前、セブンイレブンでiPhoneにある写真を印刷する方法を紹介しまし…

  5. 合成写真 PhotoLayers

    iPhoneアプリ

    iPhoneにある写真を合成したい時に便利な合成写真の使い方

    ブログに使用する画像を自分で作成したい時に使用するのが「合成写真」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhoneアプリ

    MailboxとDropboxを連携することで1GB増加できた!
  2. 電子書籍

    Amazon Kindle Paperwhiteの予約が開始!3G版でも月額料金…
  3. 鉄道博物館

    旅行

    鉄道好きには堪らないであろう大宮の鉄道博物館に行って来た!(2)
  4. webサービス

    Google Readerが2013年7月2日から使用不可・・
  5. iTunes Card

    コジマで3000円以上のiTunes Cardを購入するとデジタルコードが貰える…
PAGE TOP