iOS6でも通知センターからiPhoneの明るさを調節する方法

iOS5.1から設定に関するURLスキームが無効となってしまいました。

これに伴い、ランチャーアプリを使用して通知センターから設定へジャンプすることができなくなってしまいます。

先日設定のURLスキームの利用を諦めて、やっとiPhoneをiOS5.0.1から6.0.1にアップデートしました。当然Wi-Fiや明るさの設定URLスキームは無効となりました。

しかし、明るさに関しては「明るさ調節」というアプリを利用すれば、簡単に明るさを通知センターから調節することが可能でした。

今回はその方法を紹介したいと思います。

明るさ調節 -高性能な液晶輝度調整ツール&ウィジェット-
価格: 無料

スポンサーリンク

通知センターから明るさを調節する方法


▲スイッチをスライドすると明るさを調節できます。通知センターに登録したい明るさの所で図の部分をタップします。


現在の輝度を登録をタップします。


▲通知センターを見ると、自分で調節した好きな明るさが表示されます。これをタップするとその明るさになります。


▲図の高機能モードをオンにすると、明るさが数値で表されるので、わかりやすいと思います。

スリープモードにすると、明るさが元に戻る点に注意

このアプリは通知センターから明るさを変更するのに便利なのですが、一度電源ボタンを押すと、明るさが元に戻ってしまいます。

元に戻るというのは、設定の明るさに戻るということです。

明るさ調節」で明るさを変更できるのは、一時的なようです。

具体的な使用例

以上の点を踏まえ、僕は以下のように使用することにしました。

  • 地下鉄や夜道では通知センターから明るさ0にする

画面を暗くしたい時は一部の時間なので、この時は通知センターから明るさ調節を起動すればいいのではないかと思います。

まとめ

iOS6でも通知センターから明るさを調節することは出来ます。

スリープにする度に明るさが元に戻ってしまいますが、そのことを考慮して使用すれば、今より便利に明るさを調節することができると思います。

明るさ調節 -高性能な液晶輝度調整ツール&ウィジェット-
価格: 無料
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント