iPhone史上、最も暗いブラウザアプリ「ブルーライトカットブラウザ」

追記 2018年2月22日

現在、ブルーライトカットブラウザの販売は終了しています。代替アプリとしては「視力保護ブラウザ for iPhone 〜ブルーライトカットで視力回復〜」が挙げられます。

視力保護ブラウザ for iPhone 〜ブルーライトカットで視力回復〜
価格: 無料

暗闇でのWebサーフィンはあまり推奨できるものではありませんが、全くしない訳でもありません。

そんな時にオススメ出来るのが、「ブルーライトカットブラウザ」です。このアプリは、明るさを極限の暗さ(何も見えない)まで設定できます。

スポンサーリンク

ブルーライトカットブラウザの使い方

このアプリは、通常のSafariのようなアプリです。通常検索を行えます。

ブルーライトカットブラウザ
▲アプリを起動すると、既にこの時点で結構暗くなっています。Google、Twitter、Facebookのブックマークがしてあります。一番上のGoogleをタップしてみましょう(左)。Google検索を行えます(右)。

ブルーライトカットブラウザ
▲左の矢印で明るさを調節でき(左)、真ん中部分はブラウザの戻る、進むに対応しています(右)。

ブルーライトカットブラウザ
▲プラスマークはブックマークに追加に対応します。

ブルーライトカットブラウザ
▲左下の明るさ調節を行うと、こんなにも明るさが違います。暗闇の中だと、右の方が見やすいです。画像で見ると結構明るいように思いますが、実際に使用すると相当暗いです。

真っ暗闇の中だと適度な明るさ(笑)といってもいいでしょう。

このアプリは「ブルーライト」をカットするブラウザとあります。確かにその通りです。明るさ全体が小さいので、その中に含まれるブルーの波長も少ないという事でしょう。

要望点

Quicka2から検索できるようになると、実用性が高まるように思いました。でもさすが、「iPhone史上最も暗く、シンプルで分かりやすいブラウザアプリ」です。

最後に、iPhone史上、最も暗いブラウザアプリだということを証明して終わります。

ブルーライトカットブラウザ
▲真っ黒。

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. 本当に真っ暗になったらどうすればいいですか