画像を圧縮するならMacアプリの JPEG Mini Liteが便利!

ブロガーやwebデザインをしている方は、写真をアップすることが多いと思いますが、そのときに、表示速度を速くするために、できるだけ容量の小さい画像にしたいことがあると思います。

JPEG Mini Liteは、1日20枚限定ですが、写真の容量を大幅に圧縮してくれるMacアプリです。

アプリのアイコンにdietとあり、画像のダイエットができるということですね。

少し使い方に戸惑ったので、その使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

JPEG Miniの注意点

圧縮したファイルは上書きされるので、元の大きい画像には戻せないことに注意してください。

ですので、元のファイルを残しておきたい場合は、コピーなどを作るなどしておいてください。

また、jpeg形式のファイルしか圧縮することができません。

使い方

圧縮したいファイルをドロップします。

IMG_0639

ファイルを上書きする表示が出てくるので、Continueを押します。
IMG_3273

すると、圧縮が始まります。(すぐ終わります)そして、圧縮した容量がサークルの中に表示されます。
IMG_3274

いったいどれくらい圧縮できたか

圧縮する前の写真の大きさデータ
IMG_0636

圧縮した後の大きさデータ
IMG_3271

半分から2/3ほど圧縮できるようです。webサイトはサクサク動いた方が快適ですので、画像圧縮にはおすすめのアプリです。

JPEGmini Lite
価格: 無料

無料版では1日20枚ですが、もっと使いたい人向けに無制限のバージョンもあります。

JPEGmini
価格: ¥3,500
Macアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント