Mac版Textwellのアクションにショートカットを設定する方法

Macのテキストエディタ「Textwell」にはアクション機能があります。

このアクション機能がTextwellで文章を快適に書くための生命線です。

MacでのTextwellのアクションは、キーボードショートカットを割り当てる事が出来ます。

頻繁に使用するアクションがある場合、キーボードショートカットの設定を行うと操作が快適になります。

今回は、Mac版Textwellのアクションにショートカットを割り当てる方法について紹介します。

スポンサーリンク

Mac版Textwellのアクションにショートカットを設定する方法

textwell-mac-keyboardshortcut

▲Mac版のTextwellを開いている状態で、command+ 3を押します。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲すると、右側にアクションが表示されます。今回は、「BlogView(改訂)」というアクションに対して、command+ option+ Pで実行されるようにショートカットを設定してみます。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲まず、BlogView(改訂)を右クリックします。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲そして、編集を選択します。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲すると詳細を設定出来ます。ショートカットの部分には、任意のショートカットを押して入力します。そして、左上の赤い×部分でアクション編集画面を閉じます。これで設定は終了です。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲確かにアクションに対してキーボードショートカットを設定出来ました。

キーボードショートカットでアクションが実行されるか確認する

それでは今設定したキーボードショートカットでTextwellのアクションが実行されるかどうか確認してみます。

textwell-mac-keyboardshortcut

command+option+ Pを押して、アクションが実行されるか確認します。ちなみに、このBlogView(改訂)というアクションは、HTMLを”編集出来るプレビュー”にするアクションです。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲プレビュー画面になり、アクションが実行された事を確認出来ました。

textwell-mac-keyboardshortcut

▲プレビューしながら編集出来る事も確認出来ました。これ、PCだと中々ない機能なので、iPhoneよりも一層便利なアクションです!

textwell-mac-keyboardshortcut

▲アクションを終了する時には、右下の「×」ボタンを押します。

まとめ

Mac版のTextwellでは、頻繁に使用するアクションにはキーボードショートカットを設定すると、文章編集がより効率的になりますね。

Textwell
価格: ¥1,200
Macアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント