EverClipがurlスキームに対応

追記 2018年3月10日

現在、EverClipの販売は停止されており、EverClip 2が販売されています。

EverClip 2 – Evernoteへ簡単クリップ
価格: ¥960

コピーしたものを簡単にEvernoteへクリップできるアプリEverClipが、アップデートにより、urlスキームに対応しました。

urlスキームは、
everclip://

となっています。

ランチャーアプリを使う際にはこのurlスキームが必要となってきます。

Launch Center Proなどのランチャーアプリで使う場面が出てくると思います。

Launch Center Pro
価格: ¥600

その他、アップデートの内容は、

機能向上:
+ 新しい URL スキーム(everclip://)を追加しました:
+ ログインプロセスを向上しました。
+ ログイン画面に「サポート」を追加しました。
+ アプリを再起動する際に通知センターに残る通知をクリアします。

バグ修正
+ クリップの送信エラーをいくつ修正しました。
+ 「送信後に削除」をオフにした際に画像を送信したらクリップが消えるバグを修正しました。

となっています。

Evernote
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント