Evernote

Evernoteにあるデータを友達と共有する時に便利な「リンク生成」機能を紹介!

Evernoteには大学の授業のデータをはじめとした沢山のデータが入っています。

この中のデータを他人と共有したい時が出てきます。その時に覚えておきたい機能が、「リンク生成機能」です。

ノートブックを共有するよりも手軽な方法なのです。Evernoteを利用している人は是非覚えておきましょう。リンク生成の仕方を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノートのリンク共有方法


▲今回はこのノートブックを共有してみます。


▲右下のコマンドをタップして(左)、「リンクをコピー」をタップします(右)。


▲すると、自動でリンクがコピーされた状態になるので(左)、メールの本文などに貼り付けるだけで、簡単に共有したい相手に送ることが出来ます(右)。


▲生成されたURLは上記のページへ繋がっています。左上には誰から共有されているかが示されています。

そのノートをEvernoteに保存することも出来るようになっています。

共有したい相手がEvernoteを利用している必要なし!

この機能を利用しての共有は便利です。なぜ便利かというと、URLを相手に教えるだけで良いからです。

また、相手がEvernoteを利用している必要もありません。ブラウザで確認できるからです。

通常、メールで写真やpdfを送る時には、メールに添付しなければなりません。送信に時間がかかるのが難点です。

しかし、Evernoteの共有機能を利用すれば、相手に送信する部分での時間はほとんどありません。リンクを送るだけだからです。

基本的にデータをEvernoteに預けていると、相手にノートを共有したい時の手間が殆どありません。先程の手順で示した通りです。

共有したいノートを開いて、「リンクをコピー」をタップするだけだからです。

共有する時の注意点

ノートのURLを生成すると、そのURLを知っていれば、誰でもアクセス可能になります。

公開する内容をよく吟味してからリンクを生成しましょう。

共有ノートのリンクを解除したい時

生成した共有ノートのリンクを解除することも出来ます。


▲公開しているノートの時には、このような画面になるので、「共有を停止」すればOKです。

まとめ

Evernoteにあるノートを共有する時の最も手軽な方法が今回の方法です。生成されたURLを教えるだけで良いので、共有される側にも手間がかかりません。

自分のEvernoteデータを共有したい時には、この方法を利用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Evernote

    Evernote

    Evernoteのチェックボックス、改行する度に自動で挿入されて使いやすい!

    以前こんな記事を書きました。→Evernoteと手書きメモの役割の違い…

  2. Evernote

    MoveEverをさらに自動化したアプリ AutoEverが登場!授業ノートの振り分けがさらに簡単に…

    Evernote連携アプリがどんどんリリースされていますが、今回新たに…

  3. Evernote

    Mac版Evernoteにペーストする時の書式を反映させないようにする方法

    調べ物をしていてEvernoteにまとめる際に、用語などはブラウザでコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. Mac

    ようやくMountain Lionにアップデートしてみた
  2. iPhoneアプリ

    もしiPhoneアプリを10個しか入れられないとしたら??
  3. iPhoneアプリ

    Quicka2からweblio辞書で検索する方法
  4. アクセス独和辞典

    辞書

    アクセス独和辞典がアップデートで和独辞典をアプリ内課金で購入できる!(8月末まで…
  5. Byline 5

    iPhoneアプリ

    RSSリーダーのBylineがついにFeedly対応!変更点&注意点を…
PAGE TOP