Evernoteにリマインダー機能が追加された!設定からチェック完了までの手順を紹介!

今回行われたEvernoteのアップデート(ver5.3)により、iOSのEvernoteでリマインダー機能が利用出来るようになりました。

同時に行われたMac版のEvernoteでもリマインダー機能が利用出来るようになりました。

今回は注目のリマインダー機能の使い方を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Evernoteのリマインダー機能の使い方

リマインダー機能の使い方を紹介します。


▲リマインダーしたいノートの下部にある時計マークをタップし、「通知する」を選択します。


▲日付が出てくるので、スクロールして通知させたい日付を選択します。


▲すると、今度は時刻が選べるので、同じようにスクロールして通知させたい時刻を選択します。

リマインダーの確認方法


▲リマインダー出来たかは、全てのノートから確認出来ます。

また、リマインダーしたノートがあるノートブックのノート一覧でも確認出来ます。


▲時計マークをタップすると、リマインダー項目を収納できます。

通知のされ方

指定した時間になると、どのように通知してくれるのかをみてみます。


▲指定した時間になると、ポップアップが表れ、指定したノートにジャンプ出来るようになっています。


▲通知の仕方の変更は、設定>通知>Evernoteから行えます。

リマインダー項目の修正方法とタスク完了チェック方法


▲図のように、リマインダー項目を左にスクロールする事で日付と時刻を修正でき、右にスクロールする事でタスク完了をチェック出来ます。(リマインダー項目から消える)

リマインダーに日付を入れない事も可能

日付を指定する必要はないけれども、いつかはやっておきたいような事をリマインダーにセットしたい場合、日付なしでの設定も可能です。


▲ノート下部の時計マークをタップするだけで終わりです。簡単です。

Evernoteのリマインダー機能使用場面は?

僕は、日々のタスクをEvernoteに放り込もうとは思いません。リマインダーは、別のiPhoneアプリのDueを利用していて、使用感が気に入っているからです。

なので、Evernoteに放り込んでいるWebページの中で、後でやってみたい事(Chromeの拡張機能とか)を通知するような方法が使えそうだと思います。

気づいた事

ちょっと使いにくいと思ったのは、タスクを設定する時の日付の登録の仕方です。

今日がいつなのかがパッと見た感じだけではわかりません。起動した時、最初に設定されている曜日が今日なのですが、パッと見判別がつきません。

これは、Dueを使っているせいかもしれません。


▲左がEvernote、右がDueの登録画面。

ただ、自分に合うか合わないかは使ってみないとわからないと思うので、試してみた方がいいと思います。
以上、Evernoteのリマインダー機能の使い方と、気づいた事についてでした。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
価格: ¥600
Evernote
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント