Mac・iPhoneで1PasswordのWi-Fi同期を行う方法

パスワード管理アプリとして、Mac、iPhoneでは、1Passwordを利用しています。

Mac、iPhoneでパスワードを同期することが出来て管理が便利です。欠かせないアプリの代表格です。

しかし、最近ちょっとした問題毎がありました。それは、新規に追加したパスワードがうまく同期できていないということでした。

同期方法には、iCloudを使用していましたが、うまく作動しません。iPhone側のiCloud→書類とデータをオンにしていましたが、ダメでした。

代替方法として、Wi-Fi同期があります。

これは、同じWi-Fi環境下だとパスワードを同期できるというものです。

この方法を試してみたらうまく反映されたので、その方法を紹介しておこうと思います。

スポンサーリンク

Mac・iPhoneで1PasswordのWi-Fi同期を行う方法

1password
▲Mac側で1Passwordを開き、メニューバーのウインドウ→Wi-Fi同期を選択します。

1password
▲すると、画面上にシークレット文字列が表示されます。

続いて、iPhoneの1Passwordを起動します。

1Password-wifi同期
▲1Password内の設定→同期を選択し(左)、「同期を開始」を選択します(右)。

1Password-wifi同期
▲同期方法として、「Wi-Fiを使って同期」を選択します(左)。自分のPCが表示されているはずなので、これをタップします(右)。

1Password-wifi同期
▲今すぐ同期をタップすると、同期がはじまり、一瞬で終わりました。

まとめ

同じWi-Fi環境下限定というしばりはありますが、この同期方法は確実だと思いました。

いつもはiCloud同期を使用していましたが、今後もうまく同期が出来ないようでしたら、パスワードを追加するたびにWi-Fi同期をしようかと考えています。

1Passwordでのパスワード同期がうまく出来ない問題を抱えていましたら、今回紹介したWi-Fi同期方法をお試しください。

1Password
価格: 無料
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. うどんまん より:

    これ自分も同じ問題に悩まされていたのですが、全てのデバイスの1passwordのアイクラウド同期を一回オフにし、
    iOSデバイスの環境設定、ストレージ管理から1passwordのデータを削除
    Mac側からも環境設定からストレージ管理で1passwordデータを根こそぎ削除して
    iOS デバイスからiCloud同期をかけたときに、
    「iCloud上にデータあるよマージしますか?」と出なくなれば完全削除できているかと。
    そうして再び全デバイスのiCloud同期をオンにすれば、自動で同期をとるようになりました。
    自分の場合は、Mac側のマスターパスワードのみを一度変更してしまったことがあり、それによって
    iOS側、Mac側別々のiCloud同期用のデータが出来てしまったのが
    同期ができなくなった原因ではないかという結論に達しました。
    以上です。それではしつれいします。