ブログの見出しテンプレート(ページ内リンクジャンプ有り)を作成した

長くなるブログ記事の時には、まず記事冒頭で記事の見出しをつけておくようにしています。

また、その見出しには、各見出しへのリンクへジャンプ(遷移)できるようにしています。

この記事を作成する時に、毎回どうやるんだっけと自分で自分の記事のソースコードを確認しています。

これが意外と面倒くさいので、いっそのこと見出しのテンプレートを作成してしまおうというのが、今回の目的です。

以下に、見出しテンプレートを示します。

スポンサーリンク

作成した見出しテンプレートの概要

作成した見出しテンプレートの概要は次の通りです。

  • リンクにccc11からccc30まで割り当て
  • h2タグに、ddd11からddd30まで割り当て
  • 見出しを作成する時には、ccc11,ddd11,ccc12,ddd12,…を置換する
  • 各項目の右側にはheaderへ戻るページリンクを設置

作成した見出しテンプレート

作成した見出しテンプレートは以下になります。

ddd11

ddd12

ddd13

ddd14

ddd15

ddd16

ddd17

ddd18

ddd19

ddd20

ddd21

ddd22

ddd23

ddd24

ddd25

ddd26

ddd27

ddd28

ddd29

ddd30

作成した見出しテンプレートの使い方

今回作成した見出しテンプレートの使い方を紹介します。

テンプレートは、Macでブログを書いている場面になります。

Macでブログを書く際には、MarsEditというブログエディタアプリを使用しています。

まず、テンプレートを使いたくなったら、テンプレートを貼付けます。

そして、MarsEditの検索と置換機能を使用します。ショートカットはcommand+ Fです。

marsedit-見出しリンク
▲Findにccc11、Replace withに「リンクタグ11」を入力してReplace Allを押すと、全てのccc11がリンクタグ11へ置換できます。

marsedit-見出しリンク
▲このように、ccc11が、

marsedit-見出しリンク
▲リンクタグ11に置換できています。

もし、全置換が不安であれば、1つずつ行う事も出来ます。

marsedit-見出しリンク
▲Replace&Findを押すと、

marsedit-見出しリンク
▲ddd11が、

marsedit-見出しリンク
▲「見出し11」に1つずつ置換できます。

まとめ

作成した見出しテンプレートは20項目あります。余分であれば削除すれば良いだけの話なので、10個ではなく20個作成しました。

また、見出しを「11」からはじめたのには訳があります。それは、置換のしやすさです。ddd1で行うと、ddd11やddd12でも置換候補に入ってしまいます。こうした面倒臭さを排除するために11からはじめてみました。

長い記事で見出しが必要な時には自分がよく使うテンプレートを形にしてみました。

ブログ運営
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント