Textwellの内蔵ブラウザで、直近○○日以内の記事だけを検索するアクション

先日、Googleでの検索対象期間を限定できる演算子「daterange」の使用方法を書きました。

これを使用する場合、ユリウス暦を使用しなければいけない面倒臭さがありました。

今回は、それらが必要ありません。もうちょっと直感的に検索できます。

Textwellの内蔵ブラウザで、直近3ヶ月以内や直近1ヶ月以内など、直近○○日以内だけに検索を絞るアクションを紹介します。

通常のGoogle検索にも使える方法です。

スポンサーリンク

検索演算子を使用する

直近1ヶ月以内に絞って検索するには、URLの最後に「&tbs=qdr:m1」をつけます。

「Textwell」で直近1ヶ月以内に絞って検索する時には、
https://www.google.com/search?q=textwell&tbs=qdr:m1
となります。

また、qdrの後に続くm1の文字列を変更すれば、期間を変更する事が出来ます。

その対応表を以下に示します。

期間 検索文字列
3時間以内 tbs=qdr:h3
3日以内 tbs=qdr:d3
3ヶ月以内 tbs=qdr:m3
3年以内 tbs=qdr:y3

これをTextwellのアクションに利用してみます。

Textwell内蔵ブラウザで直近1ヶ月以内に絞って検索する方法

早速実際の検索例を見てみます。比較のために、以下の2パターンで「Textwell」を検索してみます。

  • Textwell内蔵ブラウザで「Textwell」と検索
  • Textwell内蔵ブラウザで期間を直近1ヶ月に絞って「Textwell」と検索

Textwell内蔵ブラウザで「Textwell」と検索

まずは、通常のTextwell内蔵ブラウザで検索する場合です。

通常のTextwell内蔵ブラウザのアクションは、こちらのブログで紹介されているものを利用しました。
aitamblr — Textwell アクション「Google検索(内蔵ブラウザ)」

以上のアクションで検索してみた結果です。

Textwell
▲普通に検索出来ます。

Textwell内蔵ブラウザで期間を直近1ヶ月に絞って「Textwell」と検索

続いて、直近1ヶ月に絞って「Textwell」で検索した場合です。

そのアクションは、以下になります。先ほどのソースの最後を一部書き換えました。
登録はこちら→http://tinyurl.com/pex27g2

location='http://www.google.com/search?q='+ encodeURIComponent( T.current )+'&tbs=qdr:m1';

Textwell
▲実際に検索してみると、確かに直近1ヶ月だけに検索結果を絞ることが出来ています。

このアクションはアプリのアップデート情報などを検索する時によく利用しています。アクションと演算子を利用することで、目的の情報に早くたどり着ける可能性が高まります。

Textwell
価格: ¥360
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント