Googleでの検索対象期間を限定できる演算子「daterange」の使用方法

気になるiPhoneアプリを調べる時には、Googleでアプリ名を検索します。

最近のアップデートによるアプリの評判が知りたいとしても、最新版のレビューが出てくることは少ないです。

検索結果を直近1年間や直近6ヶ月に絞りたいことがしばしばです。

そこで、Google検索演算子「daterange」の出番です。

この演算子を適切に使用する事で、目的の情報に素早くたどり着ける可能性が高まります。

今回は、具体的なGoogle演算子「daterange」の使い方を紹介しようと思います。

daterangeを使用していない場合、右がdaterangeを使用した場合の検索結果です。

スポンサーリンク

Google検索演算子「daterange」の使い方

まずは実例を紹介します。

daterange
▲左が「textexpander アップデート」と検索した時。右が「textexpander アップデート daterange:2456749-2456751」と検索した時です。

右側では、daterangeという演算子を利用して、2014年4月1日から2014年4月3日に更新されたサイトに検索結果を絞る事が出来ます。

daterange:のあとにある「2456749」という数字は、2014年4月1日正午を示しています。

また、あとに続く「2456751」は、2014年4月3日正午を示しています。

数字はユリウス日を示しています。ユリウス日は、紀元前4713年1月1日の正午12:00からの日数で定義されています。

西暦からユリウス暦への変換は、以下のページから行えます。
西暦とユリウス日の換算

ユリウス日については、以下をご覧ください。
国立天文台暦計算室 こよみ用語解説 天体暦

このようにして取得したユリウス日を利用して検索することで、特定の時期に更新された情報だけを探すことが出来ます。

「daterange:(検索開始日のユリウス日)-(検索終了日のユリウス日)」が公式です。

以下に、西暦とユリウス日の対応関係を示しておきます。参考にどうぞ。

年月日 ユリウス日
2010年1月1日 2455197
or
2455198
2010年4月1日 2455287
or
2455288
2010年7月1日 2455378
or
2455379
2010年10月1日 2455470
or
2455471
2011年1月1日 2455562
or
2455563
2011年4月1日 2455652
or
2455653
2011年7月1日 2455743
or
2455744
2011年10月1日 2455835
or
2455836
2012年1月1日 2455927
or
2455928
2012年4月1日 2456018
or
2456019
2012年7月1日 2456109
or
2456110
2012年10月1日 2456201
or
2456202
2013年1月1日 2456293
or
2456294
2013年4月1日 2456383
or
2456384
2013年7月1日 2456474
or
2456475
2013年10月1日 2456566
or
2456567
2014年1月1日 2456658
or
2456659
2014年4月1日 2456748
or
2456749
2014年7月1日 2456839
or
2456840
2014年10月1日 2456931
or
2456932
2015年1月1日 2457023
or
2457024
2015年4月1日 2457113
or
2457114
2015年7月1日 2457204
or
2457205
2015年10月1日 2457296
or
2457297
webサービス
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント