iPhoneアプリ

iMemoryGraphでメモリ解放するとiPhoneがサクサクに!

追記 2018年3月7日

現在、iMemoryGraphの販売は終了しています。

今日もiPhone4Sで平常運転しております。そんなiPhoneもたまには操作がもたついているなと感じる時があります。iPhone5だと快適なのかもしれませんが。

これはメモリを多く使ってしまっているためなので、サクサク動くにはメモリを解放する必要があります。この解放機能を簡単にできるのが、iPhoneアプリのiMemoryGraph内のアドオンです。(ユニバーサルアプリなのでiPadでも可能)

実際に試してみた所、もたつきは解消されているのを感じます。このアプリについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メモリ解放するならアドオン購入が必要

アプリ自体は無料です。無料での機能は、メモリ使用量をグラフで確認出来たり、デバイス情報を表示してくれます。85円のアドオンを購入すると、メモリ解放することができます。
Imemorygraph 1211041735

実際に使用してみます。アドオンを購入すると表示される稲妻マークをタップすると、
Imemorygraph 1211041728

メモリが解放出来ました。緑のグラフが空きのメモリ容量を示しています。空きのメモリがギューンと増えているのが分かると思います。
Imemorygraph 1211041731 1

URLスキームも用意されている

iMemoryGraphには、メモリ解放するためのURLスキームも用意されています。

iMemoryGraph://go
iMemoryGraph://balus(玄人用)

下の玄人用は、アプリ自体も落ちてしまいますが、使って問題ないと思います。僕は下に書いてある玄人用のURLスキームを登録しました。

僕はMyScripts+Viewerアプリを使って、通知センターからメモリ解放を出来るようにしました。
Imemorygraph 1211041732

MyShortCuts+ViewerにURLスキームを登録してアプリを起動する方法は以下の記事で書いています。

他にもLaunchCenterProでも同様に登録出来るので、iPhoneのもたつきが気になる方は試してみると良いと思います。

通知センターからアプリを起動することが多いので、もたつきが発生する時には利用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. iPhoneアプリ

    TextwellからTweetbotへテキストを送るアクション

    DraftPadの後継アプリであるTextwellは、iPhoneでブ…

  2. iPhoneアプリ

    DraftPadに、自分のブログを検索してリンクを張るアシストを導入する方法

    最近は、DraftPadのアシスト機能の凄さを改めて感じています。今ま…

  3. TextExpander

    iPhoneアプリ

    TextExpanderを使ってhtmlに慣れる

    このアプリを使ってHtmlについて実践的に勉強して見ようと思います。こ…

  4. netprint

    iPhoneアプリ

    iPhone・スマートフォンにある写真・書類をコンビニで印刷する方法のまとめ

    iPhoneやスマートフォンで撮影した写真を現像したい場合、写真屋さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhone

    2013年のWWDCロゴの入ったiPhone用壁紙をロック画面にしてみた!
  2. プライバシーポリシー

    プライバシーポリシーについて
  3. アイコンdeダイヤル - Iconizer

    iPhoneアプリ

    Iconizerのアップデートで通知センターに「ホームに戻る」ボタンが復活!
  4. ブロックメモ

    未分類

    ブロックメモを机に置く事で就寝前や起床後のアイデアを見逃さない!
  5. 1password

    webサービス

    1PasswordのChrome拡張機能が使えない!→Chromeの更新で解決
PAGE TOP