現在の行に横棒「—-」を引くTextwellのアクション

Textwellはブログの下書きをする時や、思いついたことを書き留めておく時に使用しているアプリです。

かなり乱雑に色んな情報を書いています。

しかし、1枚のページに色んな情報を書いていると、ごっちゃになってわかりにくくなります。でも新しいページは使いません。(画面をクリアしません。)なぜなら、1ページだけ使っていた方が一覧性が優れているからです。

言ってみれば、横着人種です。

そこで、「とりあえず、ダーっと横棒で区切っとけば見やすいだろう」という思いつきから、Textwellのアクションで線を引けるようにしました。

スポンサーリンク

現在の行に横線を引くアクション

でも実は引けるようにするといっても、現在の行に「-------------------------」という文字を挿入するだけの簡単なアクションです。Textwellのアクション集にある「insert Hello」を参考にしました。

登録内容はこちら

T( ‘insert’, { text: ‘------------------------------------------------------------’} );

登録はこちらから→http://tinyurl.com/lhhgjz8

insert lineの概要

Textwell
▲作成したアクションを起動すると、

Textwell
▲現在の行にカーソルが引かれます。ただ、それだけです。でも、自分にとっては使いたい機能です。

辞書登録でもいいけれど…

「線を引くなら、「----------–」という文字を辞書登録すればいいじゃないか」。とは思いましたが、まあ、使えればどっちでもいいです。

ただ、アクションで作っておいた方が、今後応用が効くはず。今回も、insert機能を把握しましたし。。。

Textwell
価格: ¥360
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント