iPhone内の写真を簡単にEvernoteに転送するアプリ RollToEver

追記 2015年4月19日

現在、RollToEverの販売は終了しています。

iPhoneのデフォルトアプリの写真がたくさんあって容量を圧迫していて困ってはないでしょうか。

対策としては、写真をパソコンに送る手があります。また、クラウドに保存しておくという手もあります。

このRollToEverというアプリを使えば、手軽に写真をEvernoteに保存しておくことができます。

サイズも元のままのサイズでのアップロードだけでなく、リサイズも選択可能となっているので、Evernoteの無料版を使っている人でも、月60MBのアップロード可能容量範囲内で使うことができます。

それでは、簡単に使い方を説明します。

初めて起動した時は、Evernoteのアカウント&パスワードを入力して、サインインすると、次のような画面が表れます。

IMG_1835

まだRollToEverでEvernoteに転送していない写真の枚数が表示されます。

初めて使用するときはiPhone内の写真全枚数が表示されます。

右上のSettingsをタップすると、以下のような画面となり、リサイズの大きさを4種類から選択できます。

初めて使用するときは、upload先のノートブックを選択しなければなりません。

これは、Evernote Notebookの項目から選択してください。

IMG_1834
選択し終えたらあとは、upload  startを押します。

転送中画面
IMG_1838

今月のEvernote使用可能領域が一緒に表示されます。

(私はプレミアム会員なので、アップロード可能容量は1GBとなっています。)

プレミアム会員と無料版の違いはEvernote 無料版とプレミアム版の比較の記事で説明しています。

このRollToEverの優れているところは

一度転送した写真はアップロード済みの写真として認識されるので、uploadする写真を選択しなくて良い

ところです。スクリーンショットももちろん転送されます。

写真のバックアップをすることができ、中々便利なアプリです。

Evernote
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント