iPhone 5sの指紋認証の登録方法~登録できるのは5本まで

iPhone 5sで指紋認証を登録して利用してみた感想iPhone 5sの目玉機能の一つとして挙げられるのが、指紋認証機能です。



iPhoneに指紋を登録しておくことで、パスコードを入力する手間を省いたり、AppStoreで有料アプリを購入する時のパスワード入力を省くことができるというものです。



実際に登録して利用してみましたので、登録方法について記しておこうと思います。


スポンサーリンク

iPhone 5sで指紋認証を登録する方法


▲設定>一般>パスコードと指紋認証>指紋認証と進みます。



指紋を登録する際には、普段使用する指を認証しましょう。



▲登録する時には、ホームボタンに「タッチ&離す」を20回くらい繰り返します。画面の指示に従いましょう。指紋が登録されていくアニメーションは見ていて面白いです。


1台のiPhoneに登録できるのは、5本まででした。僕が登録したのは、

  • 両親指
  • 両人差し指
  • 右中指

の5本です。



iPhoneを手で持っている時には親指で認証するのが自然ですが、机に置いている時には、人差し指や中指の方が認証しやすいです。



自分が利用しそうな指を5本マックス登録しておきましょう。



てっきり10本は登録できるのかと思っていました。


指紋認証で出来る事

指紋認証すると、どうなるかというと、

  • ロック画面からパスコードを入力せずに解除できる
  • AppStoreの購入の際にパスワードを入力せずに購入できる


ようになります。これらの設定方法を以下に記しておきます。




▲機能をオンにしたいところを緑にしておきます。僕はどちらもオンにしました。

使用感については、追って書こうと思います。


iPhone 5s
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント