iPhone 5sの指紋認証をオンにしたので、パスコードを複雑にした

先日、iPhone 5sの指紋認証機能を利用してみた感想を書きました。この記事の続編です。


指紋認証機能を利用する際に、パスコード入力をオフにすることは出来ません。



iPhoneのロック画面を解除する場合には、

  • 指紋認証
  • パスコード入力

の2通りがあります。

指紋認証を設定した場合、パスコードを入力した認証は使用しなくなります。

ということは、パスコードを簡単なもの(4ケタ)にするよりも、長いパスコードにしてしまった方が、第3者に使用される確率が小さくなるように思いました。

というわけで、パスコードロックを4ケタから複雑なものにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

パスコードを複雑なものにする方法


▲パスコードを複雑なものに変更するには、設定>一般>パスコードと指紋認証>簡単なパスコードをオフにします。


▲すると、古いパスコードを入力したのち、新しいパスコードを設定できます。キーボードを入力してのパスコードとなります。数字を入力する事も可能です。

再起動後はパスコードを入力する必要がある

指紋認証を設定したからといって、全くパスコードを入力する必要がないわけではありません。


再起動後には、パスコードを入力する必要があります。指紋認証ではロックを解除できません。


というわけで当たり前ですが、複雑にしたパスコードもしっかりと覚えておきましょう。

iPhone 5s
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント