iPhoneアプリ

MyShortcuts+Viewerを使って通知センターにカレンダーを設置してみた!

追記 2018年3月9日

現在、DraftPadの販売は終了しています。

通知センターはアプリからの通知の用途だけにとどまりません。

アプリを起動する事も出来ます。さらには、今回紹介するように、カレンダーまでも設置する事が可能です。

カレンダーは設置してみると、かなり実用的です。「8月4日の1週間前って何日だろう?」と考える時に、カレンダー形式だと逆を追うことでたどり着けます。

W&R : Jazzと読書の日々さんの記事を参考に、MyShortcuts+Viewerを利用して、通知センターにカレンダーを設置してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

参考にさせていただいた記事

今回は、以下の記事を読んで、僕もカレンダーを通知センターに設置しました。

基本的には、この記事に書いてあると通りに行えば、カレンダーは設置できます。

でも、MyShortcuts+Viewerの使い方に慣れてない方向けに、この記事で説明を書いていこうと思います。

月初めは通知センターにカレンダーを書き込もう CalMaker – W&R : Jazzと読書の日々

通知センターにカレンダーを設置するために必要なアプリ2つ

今回紹介する方法では2つのiPhoneアプリが必要です。厳密には1つで良いのですが、多少説明が面倒臭くなるので、2つにします。

1つはMyShortcuts+Viewer、もう1つはDraftPadです。

MyShortcuts+Viewer
価格: ¥120

通知センターにカレンダーを設置する方法

まずは、通知センターにカレンダーを設置するためのDraftPadのアシストを紹介しているW&R : Jazzと読書の日々さんのブログへジャンプします。

Skitched 20130803 224923
▲そして、DraftPadをインストールしている状態で、このリンクをタップします。


▲リンク先のページを開いたら、Saveをタップします。(左) そしたら、DraftPadのアシストを開いて(右)、


▲CalMakerをタップすると(左)、通知センターにカレンダーが設置されます。素晴らしい!


▲そして通知センターのカレンダーをタップすると、純正のカレンダーアプリが起動するようになっています。

応用(通知センターのカレンダーをタップしたら、Staccalを起動する)

先程の例では、純正のカレンダーアプリが起動しました。しかし、僕はカレンダーアプリはStaccalを利用しています。できればこちらを起動させたいですね。

追記 2018年3月9日

現在、Staccalの販売は終了しており、後継アプリのStaccal 2が販売されています。

Staccal 2 – 12種類のカレンダーとリマインダー
価格: ¥120

その技が出来るということも、W&R : Jazzと読書の日々さんの記事で書かれていまた。具体的に手順を載せておこうと思います。


▲MyShortcuts+Viewerを起動したら編集をタップし(左)、カレンダーの項目をタップします(右)。


▲そして、URL部分がcalshow:となっていますが、staccal:と変更します。そしたら保存をタップします。

これで通知センターのカレンダーからStaccalを起動出来るようになりました。

なお、通知センターからは色んなアプリを起動することが出来ます。僕は色んなアプリを登録しているので、順番が気になります。

MyShortcuts+Viewerの登録順も簡単に変更出来ます。変更の仕方は白牙隊A2屯所: 後から編集!!Myshort
cuts+Viewer 通知センターの表示を見やすくカスタマイズ!
が参考になると思います。


▲でもって、最終的にMyShortcuts+Viewerの一番下にカレンダーを配置しました。

月初めにはCalMakerでカレンダーを張り替え

これで8月の間は有効です。しかし、このカレンダーは9月になると意味をなさなくなります。

そこで、9月になったら再びDraftPadのアシストからCalMakerを起動しましょう。そうすると、9月のカレンダーが表示されると思います。

ちなみに、今何回もCalMakerを起動しても8月のカレンダーが表示されるだけです。ふざけて何回も起動した結果が以下になります。


▲今、CalMakerを何回も起動しても8月のカレンダーしか表示されない事を確かめた例。実行した月のカレンダーが表示される仕組みになっているのでしょう。8月が大好きで大好きでしょうもない方はお試しください。

終わりに

なお、MyShortcuts+Viewerと同じ機能を持ったアプリとして、MS2もあります。どちらを使っても同様に行えます。

あとは、そうですね、デフォルトのカレンダーをcalshow:で起動できると知ったのは軽い衝撃でした。僕は使わないですけど。

W&R : Jazzと読書の日々のwinerosesさん、便利に使わせてもらいます。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Sleep Cycle alarm clock
  2. ブロックパズル - Unblock Me

    iPhoneアプリ

    箱入り娘のようなスライドパズル「Unblock Me FREE」が面白い!無料なのに収録数4200!…

    僕は、iPhoneアプリでゲームをするとすれば、将棋やペンシルパズルの…

  3. iphoneapp-201305

    iPhoneアプリ

    2013年5月版現在使用している主力iPhoneアプリ26個(ブログ用を除く)

    2011年11月にiPhoneを購入してから早くも1年半が経過しました…

  4. アイコンdeダイヤル - Iconizer

    iPhoneアプリ

    Iconizerのアップデートで通知センターに「ホームに戻る」ボタンが復活!

    iOS6.0になってから、Iconizerで通知センターに「ホームに戻…

  5. Textwell

    iPhoneアプリ

    Textwell 1.2が登場!TextExpander 2.3対応をはじめとする盛り沢山な変更点の…

    iPhoneでブログの下書きを書く時に利用しているテキストエディタアプ…

  6. iPhoneアプリ

    iPhone・スマートフォンにある写真(画像)をセブンイレブンで印刷する方法

    iPhoneに入っている写真をセブンイレブンで印刷するには、netpr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. webサービス

    【RSS】「DailyFeed」1サイト1日分の更新記事をまとめて翌日配信してく…
  2. もじぺったん

    iPhoneアプリ

    「へたもじ」や「ギャル文字」に変換してくれるiPhoneアプリ「もじぺったん」が…
  3. iPhoneアプリ

    Copyの招待ボーナスのおかげで容量が100GBを超えました!
  4. mac版skitch

    Macアプリ

    MacアプリSkitchで任意の大きさにリサイズする方法
  5. latexit

    Macアプリ

    MacでLaTeXiTをインストールする方法・使い方
PAGE TOP