僕が主に使用しているTextExpanderのスニペット

TextExpanderはiPhoneの入力補助アプリです。

指定した文字列を入力した時に、登録した文字列が表示されるいわばショートカットの役割を果たしてくれる機能があります。

今回は、僕がTextExpanderを使用してみて主に使うショートカットをまとめてみました。iPhoneでブログが書きやすい様に整えています。

どのようなショートカットを利用すれば便利になるか、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

TextExpanderが優れている所

TextExpander (Legacy)
価格: ¥600

TextExpanderが優れている所と言えば、なんと言っても「%|」をスニペットに登録することが出来る点です。

これにより、スニペットを展開したあとのカーソルの位置が指定できます。なので、ブログを書く際は大幅に入力の手間が省けます。

主に使用しているスニペット


▲上図では以下のタグをよく使用しています。

  • strongタグ(強調)
  • ulタグ
  • liタグ
  • 赤文字


▲上図では、以下のタグをよく使用します。

  • h2タグ(見出し)
  • ▼(記号)
  • Google Analytics(ブログで使用する文字列)

何を登録しているのか

僕がTextExpanderに登録しているものとしては大きく分けて3つあります。

  • ブログで使用するためのタグ
  • ブログで使用するための記号
  • ブログで紹介するアプリ名

つまり、iPhoneでブログを書くための補助として使っています。

3番目について追記しておきます。
この記事はTextExpanderの紹介記事です。この記事はiPhoneで下書きを書いていますが、書く前には「TextExpander」を、「ttep」という文字列で展開できるように設定しました。

アプリ名は、英字であることが多く、大文字小文字も混ざっていることが多いです。

これを「ttep」の様に、大文字を入力することなくTextExpanderを入力できるのは非常に快適です。

アプリ紹介の前にちょこっと設定しておけば、かなり楽に入力を進めることができます。

スニペットを登録する際のショートカットキーは何にするか

これはTextExpanderを快適に利用するために大切です。

僕は、以下の点に注意して登録するようにしました。

  • 自分で迷わない
  • キーボードを変更する必要が少ない

具体的にみてみます。

1つ目の自分で迷わないとは、あるショートカットを使用したい時に、登録したスニペットを迷わず打てるようにすることです。

例えば、strongタグを打ちたい時に、登録したスニペットの頭文字がrよりはsの方がスムーズだと思います。

僕のルールとしては、出来るだけ打ちたい文字の頭文字を登録する様にしています。

2つめのキーボードを変更する必要が少ないというのは以下のようなことです。


▲ulとliを例にとります。他のブログでよく見かけたのですが、,ulや,liで登録する欠点は「,」が打ちにくいことです。「,」を打つためには、アルファベットのキーボードで「123」ボタンを押す必要があります。この手間が結構大きいです。

それなら、uやlを続けて登録した方が使いやすいと思います。

まとめ

今回は僕の使用しているスニペットを紹介してみました。

自分にあった快適なキーボード入力環境を構築してみてください。今回紹介したことが参考になれば幸いです。

TextExpander (Legacy)
価格: ¥600
ブログ用アプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント