画像編集アプリをSkitchからMarkeeへ乗り換えた

Skitchがアップデートにより使いづらくなったので、同様の画像編集が出来るMarkeeに乗り換えました。

久しぶりにMarkeeを利用しましたが、わかりやすく使いやすいです。

今回は、僕がMarkeeを使用する時の主な機能を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Markeeでよく使用する基本機能

ここでは、僕がiPhoneアプリを紹介する時によく使用するMarkeeの基本機能を紹介します。



▲太さを調整してから(左)、囲みたい図形を選択します。



▲元に戻るのは左矢印、やり直すのは右矢印をタップします(左)。カメラロールに保存する時は、右上の保存から操作します(右)。



▲四角で囲んだり、矢印を入れたり、文字を入れることがとても簡単に行えます。



Skitchは以前のバージョンまではメインの画像編集アプリとして使用しいました。



しかし、iPhone 5sを購入して、iOS 7の新機能としての「バックグラウンドでアップデートする」機能が作動してしまっていたので、無条件でアップデートしてしまいました。



今のバージョンでは使いにくいと感じたので、しばらくはMarkeeで画像編集を行います。

最近はMarkeeを使用していませんでしたが、今回使用してみて非常に使いやすかったです。


Markee
価格: 無料
ブログ用アプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント