Dropboxを使ってTextExpanderのスニペットをiOS版とMac版で同期させる方法

iPhone版のTextExpanderを使いながらブログの下書きを書くことが最近多いのですが、ついに、Mac版のTextExpanderも購入しました。

値段は3000円と高かったのですが、iOS版のTextExpanderで快適さを十分感じ取ることができたので、Macでも利用したいと思っていました。

そこでMac版にもスニペットの登録が必要ですが、再びスニペットを登録するのは明らかに手間です。

実は、Dropboxを使えば、iOS版のスニペットと同期することができます。

Dropboxを利用して、iOS版のTextExpanderのスニペット内容をMac版と同期させる方法を紹介したいと思います。

追記 2018年3月8日

現在、Mac版のTextExpanderは、MacAppStoreでは販売されていません。公式HPからダウンロードする形となっており、月額課金制です。
TextExpander | Communicate Smarter

スポンサーリンク

iPhone版→Mac版へ内容を同期させる場合

僕は元々iPhoneのTextExpanderを利用していたので、今回は、iPhone版のスニペット内容をMac版でも利用できるようにする方法を紹介します。

iPhoneでの設定


▲左下の歯車マークをタップします。


▲Use Dropboxをオンにします。


▲上記のような連携確認画面が出てくるので、許可をタップします。


▲そして一番上のLink to Dropboxをタップします。これでiPhone側での設定は終了です。

Macでの設定

20130202223051textexpander 01
▲TextExpander>Preferences>Sync>Synchronization method(同期方法)として、Dropboxを選択します。

20130202223051textexpander 02
▲そして、iPhoneの内容と同期するために、ドロップボックスへのリンクをタップします。

20130202223051textexpander 03
▲これでiPhoneにあるスニペットの内容が同期されました。

Mac版→iPhone版へ内容を同期させる場合

この場合は、まず、Mac版をDropboxにリンクしてから、次にiPhone版をDropboxにリンクさせます。

作成したスニペットがある方を先にDropboxにリンクさせることが重要です。

まとめ

このように、Mac版TextExpanderを利用しようとした場合、iPhoneで入力したスニペットを再び入力する必要がありません。

なくせる手間は是非省きましょう。複数デバイス間でスニペットを同期する場合は、Dropboxの同期がオススメです。iPhoneで使用していたスニペットがすぐにMacでも利用出来るようになりました。

追記 2018年3月8日

現在、Mac版のTextExpanderは、MacAppStoreでは販売されていません。公式HPからダウンロードする形となっており、月額課金制です。
TextExpander | Communicate Smarter

ブログ用アプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント