Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く

追記 2018年3月8日

現在、MarsEdit 4がリリースされています。試用期間中は無料で利用でき、それ以降は$49.95かかります。

MarsEdit 4
価格: 無料

ブログはネタが熱いうちに書けとは良くいったものです。あれ?違ったか。正しくは「鉄は熱いうちに打て」でした。

さて、以前にMarsEditの魅力を書いていたのですが、当時のブログを見てみると、イマイチ自分の記事から魅力が伝わってこなかったので、ここで改めてMarsEditの魅力を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログを書くのにMarseditが便利な理由

僕がMarsEditを使用するようになったきっかけは、Macを利用しているブロガーの多くがブログ執筆アプリとしてMarsEditを挙げていたことです。

このMarsEditを使用したいがためにMacを購入したといっても過言ではありません。実際に利用してみてやっぱり便利だった理由を以下に挙げます。

  1. 画像の挿入がドラッグ&ドロップで簡単!(Skitchとの併用)
  2. リアルタイムプレビューを同時に見ながら編集可能
  3. htmlタグを簡単に入力出来るショートカットを登録可能

画像の挿入がドラッグ&ドロップで簡単!(Skitchとの併用)

ブログを書く上で重要な要素になってくるのが画像です。アプリの説明であれば矢印などの説明を付け足してから挿入するのですが、この時に楽なのが、Skitchとの併用です。

①Skitchで加工してから
②MarsEditにドラッグ&ドロップ
③貼付け完了

といった具合で、簡単に画像を挿入する事が出来るからです。相性が抜群すぎます!

スクリーンショット 2013 04 09 21 14 52 1

リアルタイムプレビューを同時に見ながら編集可能

今となってはMarsEditを利用しているので当たり前の機能となっていますが、iPhoneで更新しようとする時にリアルタイムプレビューの有り難さを感じます。具体的にリアルタイムプレビューとは、以下のような画面でブログを執筆出来るという事です。

Preview of
▲画面左側にMarsEditの編集部分、画面右側にリアルタイムプレビューを配置して書けば、htmlタグの表示を確認しながらブログを書けるという訳です。いちいちプレビューを見る必要がないというのは、時間短縮に大きく貢献してくれます。

htmlタグを簡単に入力出来るショートカットを登録可能

基本的にhtmlタグを入力するのはTextExpanderがあれば事足りるのですが、MarsEditで登録しているショートカットは以下のものです。

  • Shift+control+Sで▲
  • command+option+Zで<br />
  • command+Lで<li></li>

Shift+control+Sで▲

▲は、画像説明の時に利用しています。今までは「さんかく」と8タップ入力していましたが、同時3タップで済むようになりました!

command+option+Zで<br />

改行タグは「かい」でも変換出来るようにしているのですが、MarsEditを利用している時にはショートカットを利用した方がスムーズに手が進みます。

command+Lで<li></li>

リストタグは、実は強烈な機能が備わっています。
Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く
▲この状態でショートカットを押すと

リストタグがするっと入ってくれます。超絶便利です。

3450円の壁があるのも事実

アプリを使用していて大変便利なのですが、使用していない方の立場にたって考えると、アプリの価格が3450円だというのは導入に大きな壁となっていると思います。

僕が購入を決断したのはMacを開封した翌日くらいだったと思うのですが、頭の中で使用したら便利だろうなというイメージがつかめたからです。ブログに画像を入れる場合の面倒臭さが一気に減りました。

イメージがつかめるまで購入を控え、ピンと来たら購入に踏み切るのでも良いと思います。

以上、Macでブログを書くならば大変大変MarsEditが便利だという理由を鉄が熱いうちに書いてみました。

MarsEdit 4
価格: 無料
ブログ用アプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント