iPhoneで顔文字や日本語ローマ字のキーボードを非表示にする方法

通常iPhoneでキーボードを変更する際には、左下の地球儀マークをタップして切り替えて顔文字や日本語のフリック入力ができたりします。

僕は、日本語入力の際は、フリック入力を利用しています。

人によっては顔文字を使わなかったりすると思いますし、僕の場合は使いません。

それならば、いらないキーボードは隠しておけば良いのです。今回はiPhoneの設定から指定したキーボードを表示させないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

指定したキーボードを非表示にする方法

まずはiPhoneで設定>一般>キーボードと進み、各国のキーボードをタップします。そして右上の編集ボタンをタップします。

そして、非表示にしたいキーボードをマイナスのマークをタップして消すことができます。このようにしてキーボードを表示させないようにすることができます。

iPadやiPad miniでも設定可能!

この設定は、 iPadやiPad miniにも使えます。地球儀をタップしていくと、かな入力で打つこともできますが、使いにくいので僕は利用していません。かな入力&顔文字は非表示にしました。

いらないキーボード非表示にすることで、普段のiPhoneでの入力やiPadでの入力が今までよりも早く行えると思います。

キーボードの切り替えに困っていた方は、ぜひ非表示を試してみてください。

iPhone
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント