新型iPhoneを購入する前に!iCloudでバックアップする方法

もうすぐ新型のiPhoneが発表されますが、新しくiPhoneを買う前にしておきたいことの一つ(かなり重要)にバックアップがあります。

今まで定期的に行ってきた方は問題ないのですが、iPhoneを買ってから今までバックアップなんてしたことないという方は、買い替えを検討しているのなら、バックアップをしておくと、買い替え時にスムーズに今の環境を再現できます。

バックアップをしていないと、新しいiPhoneに買い替えた際、また一からアプリをダウンロードすることとなってしまいます。

今回は、Wi-Fi環境下にいれば、iPhoneだけで行えるiCloudを用いたバックアップ方法を紹介します。

スポンサーリンク

iCloudを使ってバックアップする方法

まず、設定>iCloudを選択します。
IMG_2870

続いてストレージとバックアップを選択。
IMG_0888

そしてストレージを管理を選択します。
IMG_2871

iPhoneを選択。
IMG_2872

ここで、アプリごとにバックアップするかどうかを決めることができます。
IMG_2869

選択し終わったら、ストレージとバックアップの画面まで戻ります。iCloudバックアップがオフになっていれば、オンにしてください。以下の警告が出ますが、OKで問題ありません。コンピュータの方にもバックアップは手動で行うことができます。
IMG_2866

「今すぐバックアップを作成」をタップします。
IMG_2865

初めてバックアップを行った場合、何時間もバックアップに時間がかかると思います。途中でやめても問題ありません。次回バックアップ時に途中からバックアップが開始されます。買い替えるつもりのない人も、壊れたときの備えにバックアップをきちんとしておいた方がいいでしょう。

iPhone
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. ひつじ より:

    詳しく教えてくれてありがとうございます。
    別のiPhoneをバックアップする方法:http://www.coolmuster.jp/idevice-tips/how-to-backup-iphone.html
    ここで一緒に共有します。