iPhoneのホームボタンの効きを長持ちさせる方法

iPhoneの電源ボタンやホームボタンはずっと使っていると陥没して反応しなくなってしまうようです。

まぁ、無理やり強く押していることが多くなければ反応しなくなることはないと思いますが。

しかし、ホームボタンが反応しなくなるリスクを減らす方法を知っておくことは悪いことではないと思います。

設定のアクセシビリティからAssistive Touch機能をONにすることで、仮想ホームボタンを出現させることができます。これを使えば、ホームボタンを押す必要が激減します。

具体的に見て行きましょう。


設定から一般を選択します。

IMG_0225

アクセシビリティをタップして、

IMG_0226

Assistive Touchをオンにして、

IMG_0227

次にAssistive Touchを右へスライドしてオンにすると、

IMG_0228

何やら黒白の物体が出現します。これをタップし、

IMG_0229

デバイスをタップし、

IMG_0230

画面をロックをタップすると、

IMG_0231

画面がもちろん消えますね。
IMG_1741

また、ホームボタンを押すと、

IMG_0641

ホーム画面に戻ります。

IMG_0642

ホームをダブルタップすると、アプリの履歴が見られます。ホームボタンの役割を果たしていますね。

IMG_1752

以上、ホームボタンを長持ちさせる方法でした。

ホームボタンが効くうちは、普通にホームボタンを使っちゃいますけどね。笑

効かなくなってしまった人は上記の方法で乗り切れるはずです。

iPhone
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント