Office製品

Mac・WindowsのPowerPointでよく使用するキーボードショートカット一覧

PowerPointで資料(スライド)を作成する機会が大幅に増えました。

スライドでは文章だけでなく図も載せます。載せる図は自分で作成することも多々あります。

そのため、スライド作成には結構な時間がかかります。

しかし、PowerPointにはキーボードショートカットが用意されています。

これらの機能をうまく使用する事で、作成時間を大幅に短縮する事が可能です。

そこで、普段PowerPointを使用している時に使用しているキーボードショートカットについてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回紹介するPowerPointのショートカット一覧

以下に、今回紹介するショートカット一覧を示しておきます。
(使用ソフト:Office for Mac 2011, 検証ソフト:Office 2010)

普段はMacでPowerpoint使用しているので、ショートカットの見出しにはMac用のショートカットを載せました。

しかし、WindowsでのPowerPointにもショートカットは存在します。Mac版と異なるショートカットの場合には、Windows用のショートカットも記述しています。


command + shift + >(文字を大きくする)

powerpoint-ショートカット
▲文字を選択した状態で、command+ shift + を押す事で、

powerpoint-ショートカット
▲文字が大きくなります。ちなみにこの図は、3回大きくしました。

ページの先頭へ戻る

command + shift + <(文字を小さくする)

powerpoint-ショートカット
▲文字を選択した状態で、command+ shift + を押す事で、

powerpoint-ショートカット
▲文字が小さくなります。ちなみにこの図は、3回小さくしました。

ページの先頭へ戻る

command + shift + = (下付き文字)

powerpointショートカット
▲上図の状態でcommand+ shift+ =を押してから「1」を入力すると、
(Windowsの場合だと、ctrl+ +

powerpointショートカット
▲1が下付き文字になります。下付き文字をやめる時には、再び command+ shift+ =を押します。
(Windowsの場合だと、ctrl+ +

ページの先頭へ戻る

control + shift + ^(上付き文字)

powerpointショートカット
▲上図の状態でcommand+ shift+ ^を押してから「2」を入力すると、
(Windowsの場合だと、ctrl+shift++

powerpointショートカット
▲2が上付き文字になります。上付き文字をやめる時には、再び command+ shift+ ^を押します。
(Windowsの場合だと、ctrl+shift++

ページの先頭へ戻る

shift + enter(指定場所で改行)

powerpointショートカット
▲改行したい所にカーソルを合わせてから、shiftを押してからenterを押すと、

powerpointショートカット
▲カーソル以降から改行されます。言葉の区切りの見栄えを整える時にはもの凄く役に立ちます。

ページの先頭へ戻る

command + E(中央寄せ)

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字を選択している状態で、command+ Eを押すと、
(Windowsの場合だと、ctrl+E

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字が中央寄せになります。使えます。

ページの先頭へ戻る

command + R(右寄せ)

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字を選択している状態で、command+ Rを押すと、
(Windowsの場合だと、ctrl+R

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字が右寄せになります。

ページの先頭へ戻る

command + L(左寄せ)

デフォルトでは文字が左寄せになっていますが、中央寄せにしてから左寄せにすることもあります。

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字を選択している状態で、command+ Lを押すと、
(Windowsの場合だと、ctrl+L

mac-powerpoint-ショートカット
▲文字が左寄せになります。

ページの先頭へ戻る

option + ← or →(図形の回転)

mac-powerpoint-ショートカット
▲回転させたい図形を選択した状態で、option+ を押す事で、
(Windowsの場合だと、alt+

mac-powerpoint-ショートカット
▲時計回りに15°回転します。

mac-powerpoint-ショートカット
▲また、option+ を押す事で、反時計回りに15°回転します。

ページの先頭へ戻る

option + control + ← or →(図形の回転微調整)

mac-powerpoint-ショートカット
▲回転微調整させたい図形を選択した状態で、option+ control+ を押す事で、
(Windowsの場合だと、alt+ctrl+

mac-powerpoint-ショートカット
▲時計回りに少し回転する事が出来ます。(図では5回を押して5°~10°程度の回転です。)

ページの先頭へ戻る

command + Y(スライド編集・アウトライン編集の切替)

mac-powerpoint-ショートカット
▲スライドを選択している状態で、command+ Yを押すと、
(Windowsの場合だと、不明)

mac-powerpoint-ショートカット
▲アウトライン編集に切り替わります。アウトライン編集を多く利用する時には効果的です。

ページの先頭へ戻る

command + D(図形の複製)

mac-powerpoint-ショートカット
▲複製(コピー)したい図形を選択している状態で、command+ Dを押すと、
(Windowsの場合だと、ctrl+D

mac-powerpoint-ショートカット
▲図形を複製(コピー)出来ます。

ページの先頭へ戻る

option + ドラッグ(図形の複製2)

mac-powerpoint-ショートカット
▲四角形などの図形を複製するには、図形を選択している状態で、optionを押したままで、コピーしたい部分にドラッグ&ドロップします。(Windowsの場合だと、ctrl

mac-powerpoint-ショートカット
▲すると、このように四角形を複製できます。

ページの先頭へ戻る

option + alt + ドラッグ&ドロップ(図形の平行移動)

図形を平行に複製したいときに有用なキーボードコマンドもあります。

mac-powerpoint-ショートカット
▲平行方向に複製したい図形を選択した状態で、option+ shiftを押している状態で、コピーしたい部分にドラッグ&ドロップします。
(Windowsの場合だと、ctrl+shift

mac-powerpoint-ショートカット
▲すると、確実に平行に図形を複製する事が出来ます。対称性のある図形の組み合わせを作成したい時に多用しています。

ページの先頭へ戻る

スライドショー開始

mac-powerpoint-ショートカット
▲スライド編集画面で、command+ shift+ enterを押すと、
(Windowsの場合だと、F5

mac-powerpoint-ショートカット
▲スライドショーが開始されます。

ページの先頭へ戻る

発表者ツール開始

mac-powerpoint-ショートカット
▲スライド編集画面で、option+ enterを押すと、
(Windowsの場合だと、選択方式)

mac-powerpoint-ショートカット
▲発表者ツールが表示されます。現在のスライド、次のスライド、発表メモを表示する事が出来ます。

ページの先頭へ戻る

まとめ

これらのショートカットを覚えておく事で、スライド作成の時間を短縮することも出来ますし、図形を平行に複製する事で見栄えも良くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. power-point

    Office製品

    MacのPowerPoint数式エディタで使用出来るショートカット一覧

    以前に、MacのPowerPointで数式を挿入する方法を紹介しました…

  2. word

    Office製品

    理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット

    理系の大学生は毎週のように実験レポートに追われます。僕もそのうちの一人…

  3. power-point

    Office製品

    Macのパワーポイントで図形を複製(コピー)する基本操作

    Macのパワーポイントでスライドを作成する時に、図形を作成する必要に迫…

  4. word

    Office製品

    Wordで作ったレポートの編集時間を確認する方法

    大学での実験レポートの作成には、Wordを利用しています。先日、レポー…

  5. excel

    Office製品

    【Excel】図のテンプレートを作成しておくと捗る

    大学の実験データを整理してグラフを作成するときにはExcelを使用して…

  6. power-point

    Office製品

    スライドの全体構造を決めるのに最適!PowerPointでのアウトライン編集の使い方

    PowerPointでスライドを作成する時、全体の骨子だけを先に作成す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. Super Hexagon

    iPhoneアプリ

    【動画】【iPhoneゲーム】避けゲーのSuper Hexagonが激難だけど超…
  2. Macアプリ

    MacでアウトラインをまとめるならTreeアプリがオススメ!
  3. アクセスランキング

    2013年7月のアクセスランキングTOP10と振り返り
  4. mosha

    webサービス

    画像内の文章や数式をTeX・Word形式に変換出来るMoshaが凄い!
  5. iPhoneアプリ

    文字列をコピーして貼り付ける時に改行が反映されない不具合が一応解決
PAGE TOP