Office製品

MacのPowerPoint数式エディタで使用出来るショートカット一覧

以前に、MacのPowerPointで数式を挿入する方法を紹介しました。この記事でも紹介しているように、PowerPointで数式を入れる時には、数式エディタを使用します。

しかし、数式エディタ上において、マウス(トラックパッド)を利用して式を書くのは面倒に感じました。

ヘルプを見てみた所、数式エディタで使用出来るショートカットが用意されていました。

そこで、基本的なショートカットをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacのPowerPoint(2011)数式エディタ上で使用出来るショートカット一覧

数学記号など1

内容ショートカット
上付き文字だけcommand+E
下付き文字だけcommand+L
積分(インテグラル)command+I
分数command+F
分数(スラッシュ)command+/
上付き文字と下付き文字command+J
絶対値command+Tを押してから、shift+|(縦棒)を押す
ルート√command+R
n乗根command+Tを押してから、Nを押す
大かっこ[]command+[
中かっこcommand+shift+{
小かっこcommand+9
シグマΣcommand+Tを押してから、Sを押す
直積Πcommand+Tを押してから、Pを押す
 ̄(上バー)command+^を押してから、-を押す
右矢印(ベクトル表示)command+6を押してから、右矢印を押す
“(ダブルプライム)command+shift+クォーテーションマーク(”)
上ドットcommand+option+ピリオド(.)
∞(無限大)command+Kを押してから、Iを押す
→(右矢印)command+Kを押してから、右矢印を押す
∂(偏導関数)command+Kを押してから、Dを押す
≦(小なりイコール、左辺が右辺以下である)command+Kを押してから、,(コンマ)を押す
≧(大なりイコール、右辺が左辺以下である)command+Kを押してから、.(ピリオド)を押す
×(かける)command+Kを押してから、Tを押す
∈(属する)command+Kを押してから、Eを押す
∉(属さない)command+Kを押してから、shift+Eを押す
⊂(含まれる)command+Kを押してから、Cを押す
command+Kを押してから、shift+Cを押す

数学記号など2

記号ショートカット
α(アルファ)command+Gを押してから、Aを押す
β(ベータ)command+Gを押してから、Bを押す
χ(カイ)command+Gを押してから、Cを押す
δ(デルタ)command+Gを押してから、Dを押す
ε(イプシロン)command+Gを押してから、Eを押す
Φ(ファイ)command+Gを押してから、Fを押す
γ(ガンマ)command+Gを押してから、Gを押す
η(イータ)command+Gを押してから、Hを押す
ι(イオタ)command+Gを押してから、Iを押す
φ(ファイ)command+Gを押してから、Jを押す
κ(カッパ)command+Gを押してから、Kを押す
λ(ラムダ)command+Gを押してから、Lを押す
μ(ミュー)command+Gを押してから、Mを押す
ν(ニュー)command+Gを押してから、Nを押す
ο(オミクロン)command+Gを押してから、Oを押す
π(パイ)command+Gを押してから、Pを押す
θ(シータ)command+Gを押してから、Qを押す
ρ(ロー)command+Gを押してから、Rを押す
σ(シグマ)command+Gを押してから、Sを押す
τ(タウ)command+Gを押してから、Tを押す
υ(ユプシロン)command+Gを押してから、Uを押す
π(パイ)の変体文字command+Gを押してから、Vを押す
ω(オメガ)command+Gを押してから、Wを押す
ξ(クサイ)command+Gを押してから、Xを押す
ψ(プサイ)command+Gを押してから、Yを押す
ζ(ツェータ)command+Gを押してから、Zを押す

数学記号など3

記号ショートカット
Α(アルファ)command+Gを押してから、shift+Aを押す
Β(ベータ)command+Gを押してから、shift+Bを押す
Χ(カイ)command+Gを押してから、shift+Cを押す
Δ(デルタ)command+Gを押してから、shift+Dを押す
Ε(イプシロン)command+Gを押してから、shift+Eを押す
Φ(ファイ)command+Gを押してから、shift+Fを押す
Γ(ガンマ)command+Gを押してから、shift+Gを押す
Η(イータ)command+Gを押してから、shift+Hを押す
Ι(イオタ)command+Gを押してから、shift+Iを押す
θ(シータ)の変体文字command+Gを押してから、shift+Jを押す
Κ(カッパ)command+Gを押してから、shift+Kを押す
Λ(ラムダ)command+Gを押してから、shift+Lを押す
Μ(ミュー)command+Gを押してから、shift+Mを押す
Ν(ニュー)command+Gを押してから、shift+Nを押す
Ο(オミクロン)command+Gを押してから、shift+Oを押す
Π(パイ)command+Gを押してから、shift+Pを押す
Θ(シータ)command+Gを押してから、shift+Qを押す
Ρ(ロー)command+Gを押してから、shift+Rを押す
Σ(シグマ)command+Gを押してから、shift+Sを押す
Τ(タウ)command+Gを押してから、shift+Tを押す
Υ(ユプシロン)command+Gを押してから、shift+Uを押す
σ(シグマ)の変体文字command+Gを押してから、shift+Vを押す
Ω(オメガ)command+Gを押してから、shift+Wを押す
Ξ(クサイ)command+Gを押してから、shift+Xを押す
Ψ(プサイ)command+Gを押してから、shift+Yを押す
Ζ(ツェータ)command+Gを押してから、shift+Zを押す

複数の数式を揃える

内容ショートカット
左揃えcommand+shift+L
中央揃えcommand+shift+J
右揃えcommand+shift+R

数式にスタイルを設定

内容ショートカット
文字列command+shift+E
関数command+shift+F
変数command+shift+V
ギリシャ文字command+shift+G
ベクトル/行列command+shift+B

powerpoint
▲各スタイルにおいて、abcwxyzを入力したときの表示の仕方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. word

    Office製品

    Excel、Wordの自動保存を1分に設定した

    大学の実験レポートで図を作成する時には、Excelを使っています。先日…

  2. excel

    Office製品

    Excelで作ったグラフの軸に名前を明記する方法

    実験で得られたデータをExcelで作成した時に、軸に名前を書く必要があ…

  3. office-for-mac

    Office製品

    Office for Macを購入!ダウンロード版で簡単にインストール出来た!

    大学入学時に購入してもらったWindowsのPCは、Macを購入して以…

  4. power-point

    Office製品

    パワーポイントでスライド印刷時に印字される日付を削除する方法

    パワーポイントスライドを作製して全体の見直しをする時に、一旦1ページ6…

  5. power-point

    Office製品

    Mac・WindowsのPowerPointでよく使用するキーボードショートカット一覧

    PowerPointで資料(スライド)を作成する機会が大幅に増えました…

  6. power-point

    Office製品

    Macのパワーポイントで図形を複製(コピー)する基本操作

    Macのパワーポイントでスライドを作成する時に、図形を作成する必要に迫…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. pixelmator

    Macアプリ

    Pixelmatorで写真の背景を取り除く方法
  2. iPhone 5s

    【iPhone 5s】ソフトバンクのかいかえ割をWEBから申し込む手順
  3. iPhone 5s

    iPhone 5sでGmailの連携ログインが出来ない場合の対処法
  4. Textwell

    ブログ用アプリ

    iPhoneでブログを書く時の基本的な流れをアプリと共にまとめた
  5. dropbox

    iPhoneアプリ

    Dropquestはdropout しました(笑)
PAGE TOP