Office製品

Excelで1,1,2,2,3,3,…という数列を縦に並べ続ける方法

Excelでは簡単な簡単な表計算が得意です。

例えば、縦に一列【123456789….】と表示させるのは簡単です。

まず、1、2と縦に入力してから2つのセルを選択します。

そして、右下から下へドラッグ&ドロップすることで、好きなだけ表示させることができます。

では、1,1,2,2,3,3,4,4,….と表示させたい場合はどうでしょう。

excek

先ほどと同様の方法では出来ません。

どうすればいいかと言うと、

  • 1.1,1.6,2.1と入力する
  • 下に引っ張る
  • 整数部分を取り出す

です。Excelでのスクリーンショットを交えて詳しく説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1,1,2,2,3,3,…という数列を縦に並べ続ける方法

excel
▲まず、基本的な操作の確認です。Excelのセルに1と2を入力してから2つのセルを選択し、右下の四角から下へドラッグ&ドロップすると、

excel
▲1ずつ数が増えていく数列を作成する事が出来ます。

これと同様の事を行います。

excel
▲セルに1.1と1.6を入力してから右下の四角から下へドラッグ&ドロップすると、

excel
▲0.5ずつ増える等差数列を作成する事が出来ます。

excel
▲続いて、c2のセルに「=int(b2)」と入力してEnterを押します。すると、1と入力されます。

intはExcelにおいてb2の整数部分を取り出す関数です。今b2のセルには1.1が入っています。1.1の整数部分は1になります。

excel
▲1のセルを選択し、右下の四角から下へドラッグ&ドロップを行うと、同じ処理が施され、

excel
▲目的の1,1,2,2,3,3,…という数列を得る事が出来ました。

0.5という刻みで作成すれば、ちょうど同じ整数が2回表れるという規則を利用したものになります。

手動で入力するのが大変な数列でも、ちょっと見方を変えることで楽に入力できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. excel

    Office製品

    Excelで作ったグラフの近似直線の式の有効数字を変更する方法

    大学の実験では実験データをExcelに打ち込み、それらのデータからグラ…

  2. word

    Office製品

    MacのWordでバックスラッシュを入力する方法

    バックスラッシュ(/の逆)を入力したい時には、Macの場合、optio…

  3. powerpoint

    Office製品

    PowerPointで直方体図形(3D)を作成する方法

    PowerPointで直方体図形を作るのに苦労したので、作成方法をまと…

  4. power-point

    Office製品

    Macのパワーポイントでテキストボックスを挿入するショートカットを作成する方法

    Macのパワーポイントでスライドを作成する時に頻繁に利用するのが、テキ…

  5. power-point

    Office製品

    Mac・WindowsのPowerPointでよく使用するキーボードショートカット一覧

    PowerPointで資料(スライド)を作成する機会が大幅に増えました…

  6. power-point

    Office製品

    Macのパワーポイントで図形を複製(コピー)する基本操作

    Macのパワーポイントでスライドを作成する時に、図形を作成する必要に迫…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. iPhoneアプリ

    iPhoneで現在の時分秒を表示させるためのブックマークレットを通知センターに設…
  2. lamy-safari-mat-black

    LAMY

    LAMY safariのシャープペン(ブラック)購入レビュー!マットモデルいい!…
  3. 色雫の山葡萄

    文房具

    万年筆インク 色彩雫の山葡萄を購入!鮮やかな紫色がイイ!
  4. Pastebot

    iPhoneアプリ

    ストック数200!Pastebotでコピー作業が捗りすぎて凄い!
  5. Evernote

    AutoEverにすべてのプリセットを実行するURLスキームが実装されて便利にな…
PAGE TOP